ホーム > バイオマス発電 > 仕組みと種類

仕組みと種類

「バイオマス発電」という名前だけ見ると、最先端の技術を使った複雑で難しい発電方法であるような印象を受けるかもしれませんが、実は仕組みは難しくありませんので、どうやって電気を作り出しているのかは、すぐに理解することができます。また、こちらでは「バイオマス」そのものの種類についても触れています。

仕組み

電気を作る仕組みは火力発電とよく似ています。火力発電の仕組みと種類のページも併せてご覧頂ければと思いますが、要はボイラーで燃料を燃やすことで水蒸気を作り、その水蒸気の力で発電タービンを回すという流れです。ですので、電気を作るまでの流れに関しては、火力発電と同一ということができます。

  1. ボイラーで燃料を燃やす
  2. 燃やすことで発生する熱を利用して水を熱する
  3. 熱された水が沸騰して水蒸気を作る
  4. 出てきた水蒸気が発電用のタービンを回す

簡単にまとめてしまうと、上の4つの手順から成り立っています。学生時代の理科の授業などで習ったことがあるという方も多いのではないかと思います。

火力発電との違い

これで火力発電とバイオマス発電が同じ仕組みを利用して電気を作っているということが分かりましたが、それではなぜバイオマス発電は自然エネルギーに分類されているのに対し、火力発電はそうではないのでしょうか。

その答えは「燃料」にあります。上の手順の1番のところに「燃料を燃やす」と書いてありますが、実はバイオマス発電と火力発電とでは、利用している燃料が異なるのです。この燃料の違いが自然エネルギーか否かを分けています。

バイオマス発電で使用する燃料は「バイオマス」です。一方で、火力発電で使用される燃料は化石燃料(石炭・石油・天然ガスなど)です。化石燃料は燃やすと多くの二酸化炭素を排出しますが、バイオマスにはカーボンニュートラルという考え方ができるため、二酸化炭素を増加させないという特徴があります。

バイオマスの種類

それでは「バイオマス」とは一体何のことを指すのでしょうか。一言で言ってしまうと「枯渇の恐れがない生物資源」のことです。再生可能資源の一種と解説されることもありますが、このままでは何を指すのかよく分かりませんので、次に種類別に具体的な資源を挙げてみたいと思います。

廃棄物系

廃棄物系バイオマスとは、工場や一般家庭などから大量に出る資源を指します。具体的には「木屑・生ゴミ・紙・家畜の糞尿・食品廃材・下水汚泥」などのことです。

未利用系

未利用系バイオマスとは、他にあまり使用用途のない資源を指します。具体的には「稲わら・麦わら・もみがら・野草・間伐材・被害木」などのことです。

栽培作物系

栽培作物系バイオマスとは、作物を由来とした資源を指します。具体的には「さとうきび・てんさい・トウモロコシ・菜種・落花生」などのことです。

カーボンニュートラルとは

先の項目で「カーボンニュートラル」という言葉が出てきましたが、この性質があるからこそ、バイオマスは自然エネルギーとして認められています。そこで最後にカーボンニュートラルについて簡単にご解説します。

二酸化炭素を増やさない

バイオマスも燃焼させれば当然二酸化炭素を排出しますが、大気中の二酸化炭素の量は増加させません。これはどういうことかというと、バイオマスが資源として利用されるまでの過程で、大気中の二酸化炭素を吸収しながら成長しているからです。

バイオマスが光合成を繰り返して、大気中の二酸化炭素を吸収した段階で、大気中の二酸化炭素量は減少します。そしてそのバイオマスを燃焼させることで二酸化炭素を排出しますが、成長段階で減少させているため、プラスマイナス0と考えられるのです。この性質をカーボンニュートラルと言います。