水力発電のメリット・長所

古くから存在し、現在に至るまで一定以上の割合で活用され続けているのですから、水力発電にも様々なメリットや長所が存在します。最大の魅力は「クリーンエネルギーであること」「再生可能エネルギーであること」「純国産エネルギーであること」です。これらのメリットについてご解説しています。

クリーンエネルギー

日本のみならず世界の中心として活用されている火力発電は非常に多量の二酸化炭素を排出しますが、水力発電ではほとんど排出しません。同じクリーンエネルギーと言われている太陽光発電風力発電地熱発電よりも更に二酸化炭素排出量が少ないのです。

より厳密に言うと、水力・太陽光・風力・地熱発電は電力を生み出す際には二酸化炭素を排出しないのですが、それぞれ施設を建設する際に間接的に二酸化炭素を排出します。その排出量が水力発電は最も少ないのです。

ちなみに多くの発展途上国が経済発展の真っ只中で、今後更に電力使用量は増加していきますが、水力発電であれば地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量が極めて少ないため、数多くの国々で採用され、現在も新設が続いています。

再生可能エネルギー

再生可能エネルギーとはその文字が示す通り、「絶えず資源が補充されて枯渇することのないエネルギー」や「何回も繰り返して使うことができるエネルギー」のことを指します。

火力発電であれば化石燃料(天然ガス・石炭・石油)を、原子力発電であれば核燃料(ウラン)をそれぞれ必要としますが、水力発電で必要なのは「水」で、その水は繰り返し使うことができます。同様に太陽光・風力・地熱発電も再生可能エネルギーと言うことができます。

枯渇しないため半永久的な利用することが可能であるほか、化石燃料に代わる新たなエネルギー産業になるという点も非常に注目されています。

純国産エネルギー

純国産エネルギーとは自国内でエネルギー源をまかなえるものを指します。水力発電に必要となる「水」は日本の国土でうまれた純国産のエネルギーです。逆に火力発電で必要となる化石燃料や、原子力発電で必要となる核燃料は国内の資源ではまかなえないので、大半を海外からの輸入に頼っています。

輸入に頼っていると需要の変動や他国の情勢などによって燃料価格が不安定になりがちですが、純国産エネルギーであれば全て国内でまかなっているため、そういった外的な要素による影響をほとんど受けず、とても安定していると言うことができます。

日本に向いている

水力発電の仕組みのページでご解説していますが、水力発電を行うためには「水」だけではなく、水の流れを生み出す「落差」も必要となります。

つまり「水源が豊富で」「山がたくさんあり」「起伏も大きい」国にとって水力発電はメリットが大きいのです。日本は前述の3点にばっちり当てはまっているので、水力発電は日本にとって向いている発電方式ということができます。

肯定的な意見(3件)

●●私は、水力発電はこれからもっと積極的に進めていくべきではないかと考えています。その理由としてあげられることが、水力発電は、二酸化炭素などを一切排出しない、クリーンな自然エネルギーであるからです。

つまり、二酸化炭素などの大気汚染物質を出さないということですから、地球環境に大きな悪影響を与えてしまうこともほとんどありませんし、水の落差を利用するだけで発電できるというところが評価できる点だと考えています。

●●水力発電所は、地域水没・漁業への悪影響などを考えますと必ずしも環境に優しいとは言い切れません。また、新規のダム建造はコストが高くつくことを考えますと、安上がりでもないことが分かります。

しかし、ダム建造などを必要としない「小規模水力発電」には期待したいと思います。これは、ビルなどで雨水や排水を利用して水車を回すもので、地域を選ばずに設置できる利点があります。保守が大変などの問題はありますが、環境にも良く、しかも安価です。太陽光発電よりも向いているのではないでしょうか。

●●エコロジーという観点からすれば、太陽光・風力>水力>火力>原子力というイメージがあります。原子力は、放射能が問題視されていますが、水力についてはことさら何か不都合がある様子もありません。したがって、賛成です。

しかしながら、今後は太陽光と風力でやっていけるのであれば、水力を増やす必要はありません。そのあたりは専門家ではないため、詳しくはありませんが、できるだけ自然エネルギーで無害な方法にしていくべきです。

ページの先頭へ