日本のみならず、世界で最も活用されている発電方法ですから、それだけのメリットがあることは間違いありません。メリットがあまりないのであれば、世界が火力発電に依存する必要もありません。

そこでこちらのページでは、火力発電のメリット・長所を簡単にまとめてご紹介したいと思います。

発電効率が良い

原子力発電バイオマス発電などといった他の発電方式と比べて、火力発電が優れている点の一つに「発電効率」が挙げられます。

発電効率とは、使用した燃料が本来持っているエネルギーのうち、どれだけを電気に変換することができるかを示す指標です。

本来持っているエネルギーを別のエネルギーの形に変換する際には、様々なエネルギーとなって分散されるのが普通です。そのため、燃料から電気というエネルギーに変えるために発電する際にはどうしてもロス(損失)が発生します。

火力発電は、そのロスが比較的少ない発電方法となっているのです。

需要に応じた出力調整が容易

電力の需要は常に一定ではありません。たとえばクーラー・扇風機などを多用する夏や、暖房・ヒーター・電気毛布などを多用する冬は、それらを必要としない春や秋と比べるとどうしても需要が高くなります。

季節だけではなく時間によっても異なります。たとえば夏なら温度が高くなりやすい日中は、温度が若干下がる夜間と比べると需要が高くなります。冬の場合は逆のパターンとなります。

このように時期や時間によって電力需要の大きさは変動するのですが、その変動に合わせて発電量を調節することができます。

安定して電力を生み出せる

乱暴な言い方になりますが、火力発電は燃料と水さえあれば電力を生み出すことができます。そして長期間にわたって安定して電力を生み出せるため、将来の発電量の見通しも立てやすいと言えます。

安定している理由はいくつかありますが、主なものは天候に左右されないという点が挙げられます。

太陽光発電風力発電は天候や気象に左右されますが、火力発電に関しては気象による影響をほとんど受けないで済むのです。

発電所を作りやすく、送電ロスも減らせる

火力発電を行うためには発電所が必要となりますが、その立地条件にあまり制約がないという点も長所として挙げられます。繰り返しになりますが、燃料と水さえ供給できる場所であれば発電所を作ることができるのです。

原子力発電・地熱発電水力発電などは立地上の制約が多いのですが、火力発電は制約が少ないため、比較的都心部に近い場所にも作れるというメリットがあります。

都心部に近いと送電距離が短くて済むため、送電ロスも少なくなります。

事故が起きても被害は局所的

2011年に発生した東日本大震災によって引き起こされた福島原発の事故は、福島県のみならず非常に広範囲にわたって被害を起こしました。かつてのチェルノブイリの事故も被害は広範囲にわたりました。

原子力は特にずばぬけて影響を与える範囲が広いのですが、火力発電の場合は仮に発電所で事故が起きても、その被害は極めて局所的で済みます。

火力発電に賛成する意見

人間の生活に合った発電方法

危険な廃棄物も出さず、しかも技術の進歩により、現在では窒素酸化物や硫黄酸化物の排出はなくなっております。それでも二酸化炭素を大量に排出することは事実ですが、これは環境がある程度吸収してくれます。

また、原発や水力では立地条件に大きな制約を受けますが、火力は設置の自由度が比較的高く、住民の日常生活への影響をある程度軽減できます。

メタンハイドレートが実用化されれば!

個人的には原子力発電所を絶対になくせという意見ではないですし(増やして欲しいとも考えていませんが)、二酸化炭素の地球温暖化への影響についても懐疑的ですので、火力発電については増やして欲しいとも減らして欲しいとも思いません。

ただ、メタンハイドレートが実用化されれば火力発電に大いに役立てて欲しいと思います。

一方、釣り人の立場としてダムが与える水質への影響を強く感じることがあるので、これ以上の水力発電所は望まないというのが私の意見です。

デメリットは技術の進歩でクリアできる

私は火力発電に賛成です。火力発電は、他の発電方法に比べても、得るエネルギーが大きかったり、発電効率が良いといったようなメリットがあるからです。発電量を調節しやすいという点も魅力的に思います。

このように沢山のメリットがありますが、デメリットは温室効果ガスと燃料に関することだけです。そして、どちらのデメリットも技術の進歩が続けばクリアできる問題だと思いますので、これからも積極的に火力発電を利用するのが良いと思います。

天然ガス田かメタンハイドレートが実現すれば

現在のわが国では、火力発電に利用する燃料のほとんどは輸入に頼っておりますが、将来、純国産の燃料による火力発電だけで国内の電力を全て賄えるようになる可能性はあります。

日本近海には天然ガス田があることは良く知られておりますし、相当量のメタンハイドレートも埋蔵されていることが確認されております。

ただ、天然ガスはともかく、メタンハイドレートの採掘技術が未確立ですので、純国産の燃料が普及するまでにはまだまだ時間がかかりそうです。