地熱発電の最大のメリットは化石燃料を必要としない点です。化石燃料を使わないため、二酸化炭素の排出量も少なく、そして半永久的に安定して利用することができます。

火山列島と呼ばれるほど火山の多い日本では、地熱の熱量も豊富にあり、世界的に見ても地熱発電に適した国と言えます。

また、他にもメリットがいくつかありますので、まとめてご紹介します。

再生可能エネルギーである

水力発電風力発電太陽光発電などの項目でも同じ文言で登場しておりますが、地熱発電は再生可能エネルギーです。

再生可能エネルギーとは何度でも繰り返し使うことができるという意味です。言い方を変えると使う以上に自然に発生すると言うこともできます。

これはどういうことなのかというと、例えば火力発電原子力発電であれば、熱を作り出すために燃料が必要となります。石油や天然ガスやウランなどがその燃料に該当します。

これらの燃料は無尽蔵に湧いてくるわけではありません。遠い将来には枯渇してしまうとも言われています。

しかし、地熱発電の力のもととなる地熱は枯渇することはありません。地球の内部に常に存在しているエネルギーですので、このエネルギーをいくら利用したとしても枯渇の恐れはないのです。

ちなみに水力発電なら「水」、風力発電なら「風」、太陽光発電なら「太陽」、といったようにいずれも枯渇の恐れのないエネルギーを利用しています。

純国産エネルギー資源である

一つ上の再生可能エネルギーとも関係してくるところなのですが、地熱は日本の国土の地下に存在しているため、他の国や地域からの輸入に頼る必要はありません。

もちろん日本だけではなく他国についても言えますが、要は自国の土地を地下深くまで掘って地熱を利用するわけですから、そもそも地熱を輸入したり輸出したりすることが不可能なのです。

純国産エネルギー資源であるということは実はとても大きなメリットです。また火力発電を例に挙げると、前述の化石燃料を他国から輸入する必要があります。

今は輸入に障害がないので問題はありませんが、政治不安などによって他国が化石燃料の輸出をストップしてしまったとしたら、それは日本にとって非常に大きなダメージとなってしまいます。

その点、地熱発電は全てを自国でコントロールすることができ、安定性に優れていると言えます。

環境に優しいクリーンエネルギーである

地球環境問題が世界的に注目を集めるようになってから、環境に優しいエネルギーの研究開発が進められたり、巨額の資本が投下されたりするようになりました。

特に地球温暖化には各国が力を入れて取り組んでますが、こちらの点からも地熱発電は優れていると言えます。

その理由は温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しないからです。再度、火力発電を例に挙げると、燃料を燃やして「火」を作る必要があるため、どうしても多量の二酸化炭素を排出してしまいます。

しかしながら地熱発電所では何か物を燃やすという必要がなく、地熱という自然の熱を利用して蒸気を生み出すことができるのです。

日本は火山が多いので地熱発電に向いている

地熱が豊富にある日本にとって有効的な発電方法と言うことができます。ご存じの通り日本には数多くの温泉が存在します。その温泉の源泉がなぜ温かい(熱い)のかというと、それは地熱で温められているからです。

他の国々と比べても温泉が豊富に存在している日本ですから、地熱も十分に存在しており、これからの活躍に期待がかかります。

地熱発電に賛成する意見

環境面でもプラスになる

発電方法は色々と併用した方が発電量が増えて効率的ですし、万が一問題が起きたときのリスクヘッジにもなります。

日本は火山帯があり、地理的に向いているとされているのですから、地熱発電への取り組みが必要だと思います。二酸化炭素が減るので、環境を守る効果はとても大きいです。

反対の声が強いと事が先へ進まないので、既に多くの人が住んでいるところは避け、国有林や開発されていない地域を優先的に活用すべきだと思います。

自然が減ることもあるかも知れませんが、発電所周辺で地崩れや洪水などといった災害が起きないようにすれば、環境面のことを考えてもプラスになると思います。

もっと積極的に取り組むべき

日本に一番適しているとたまに聞くのが地熱発電です。どうして?という方に簡単に説明しますと、日本って温泉が多いですよね。その温泉の熱をエネルギーに、と考えるとわかりやすいと思います。僕も日本には地熱発電がベストだと思います。

他の自然エネルギーだと、太陽光はいつも日の光があるとは限らない分、効率面で劣っています。風力発電も風なのでやっぱり効率面で劣っていると思います。どうしてもっと積極的に国が開発研究しないのか、僕には疑問です。

これからの技術の進歩に期待したい

地熱発電は風力発電や太陽光発電と同じクリーンエネルギーです。大地の奥の熱エネルギーによって上昇気流が生まれる場所があります。それを利用してタービンを回し発電するのです。

だから、地熱発電所は火山のある場所に建てられることが多いです。

地熱発電の利点は何と言っても「有害物質を出さないこと」です。とても地球にやさしい発電方法なのです。

しかしながら、欠点もあります。それは「発電量が少ないこと」です。火山の多い日本でも地熱発電は総発電量の1%もありません。今後の技術の発展に期待ですね。