風力発電のメリット・長所

世界的に風力発電所の設置数がどんどんと増えていることや、総発電量の中の風力発電の割合が高くなってきているということは、やはりそれだけメリットや長所・魅力があるからということができます。各メリットごとに解説を付け加えておりますので、ぜひ参考になさってみてください。

再生可能エネルギー

再生可能エネルギーとは資源の枯渇の心配がないエネルギーのことを言います。風力発電だけではなく、当サイトでご紹介している水力発電太陽光発電地熱発電もこちらに当てはまります。

ご存じの通り、風は地球全体の至る所で発生していますので、どれだけ強風の日が続いたとしても風が枯渇して全く吹かなくなると言うことはありません。

クリーンエネルギー

風力発電はとても環境に優しいです。日本のみならず世界の主流となっている火力発電は大量の二酸化炭素を排出し、地球温暖化の一因となっていますが、風力発電は全く二酸化炭素を排出しないので、地球温暖化に悪影響を与えることはありません。

風力発電が二酸化炭素を排出しないのは「風」の力だけで発電をしているからです。火力発電は天然ガスや石炭などと言った化石燃料を燃やす必要があるため、大量に二酸化炭素を排出します。

純国産エネルギー

「風」は他の国から輸入する必要のない、純国産のエネルギーです。

火力発電や原子力発電に必要な燃料は日本では十分に得ることができないため、どうしても海外からの輸入に頼らざるを得ないのですが、風は日本でも十分に得ることができます。というよりも「風」は輸出入できるモノではないので、どの国であっても必然的に純国産エネルギーとなります。

日本に適している

日本は四方を海に囲まれている島国です。風力を安定して得ることができるのは海沿いの海岸線なのですが、日本は海岸線が長いため、風を得やすい国であると言うことができます。安定して風を受けることができれば風力発電による発電量も高いレベルで安定させることができます。

経済性が上がっている

こちらはここ数年のメリットです。かつては風力発電所というと、システムを導入するのにかなりの多額のコストを必要としていました。

ただ最近は設置コストが年々下がりつつあり、以前よりも導入への障壁が低くなっています。更に風力発電は最初の設置コスト以外には保守費用程度しかコストがかからないので、経済性にも優れていると言うことができます。

肯定的な意見(4件)

●●風力発電は、風が全く吹かない場所には建設ができず、かといって台風のような強い風は発電に適していません。建設費用も高いことから、設置する前から入念に風力風向の調査をして、できれば1年を通して安定した風の吹く場所を選ぶことが肝心です。

また、決して大きい音ではありませんが、ブーンという低い風車が回る音も気になるという声もありますので、周辺住民と騒音についてしっかり話をする必要もあります。しかし、新たな電力エネルギーの供給源として、風力発電は是非積極的に採用していきたいものです。

●●よく言われることではありますが、風力発電は安定して電力が作ることができず、資産として有用ではないとされています。

しかし、「実際に発電している仕組み」と「目に見えて稼働しているかどうか」といった点が素人目にも大変分かりやすいシステムであるので、「これをするのにいくらかかってこれではダメだ」などといったことが極めて明瞭な点がメリットとして挙げられると思います。

万人が理解できないブラックボックスでは、技術として扱えていないというように思いますので、イニシャルコストとランニングコストが隠れている太陽光発電や原子力発電などと比べると、文化的な健全度合いが一番高いと考えています。

もし仮に、風力発電を進めて行ったことが原因で電力の価格が高騰したとしても、万人がその仕組みを理解できるという点を評価したいです。

●●電力の供給方法としては一番クリーンなもののように感じます。昨今では地震の影響により原子力発電が物議を醸すように、特にエネルギーの供給におけるクリーンさというものが重要視されるというのは言うまでもありません。

ここで言うクリーンさとは環境に対するものに限らず、その周囲に住む人間に対する影響の少なさも含みます。また、景観としても風力発電は悪いイメージを持たれにくく、活用次第では観光業などのその他の産業にも良い影響を与えるはずなので、風力発電は出来る範囲で積極的に取り入れていくべきだと思います。

●●私は風力発電にもっと頑張ってほしいと思っています。理由としては、太陽光や地熱もそうですが、原料を外国に依存することなく純国産でエネルギーを生み出せるからです。中でも風力は、太陽光や地熱ほど場所を取ることなく、コンパクトかつイージーに設置ができます。

また、発電コストも比較的安く、先日発表された買い取り価格も、太陽光が1キロワット時当たり42円なのに比べて、風力は約23円となっています。この買い取り価格は、将来的に私たちの支払う電気代に加算されるものです。

電力を安く安定的に生み出すためにも、風力事業を今より発展させ、効率的に電力を生み出す仕組みを整えてほしいです。

ページの先頭へ