二酸化炭素を排出しなくて、環境にとてもやさしい太陽光発電ですが、残念ながら完璧というわけではなく、いくつかの問題点を抱えています。

他の発電方式と比べるとそれほど大きくない問題点ではありますが、いくつか挙げられますので、こちらでそれぞれご紹介したいと思います。

なお、太陽光発電には「産業用のメガソーラー」と「家庭用の太陽光発電」の2種類がありますが、こちらのページでは主に、私たちにとってより身近な家庭用について記述しています。

設置導入に100万円以上の費用がかかる

太陽光発電システムを自宅に導入する際に最も大きな障壁となるのはこちらの問題点だと思います。ソーラーパネルそのものの価格がまだまだ高価であることもあり、なかなか導入に踏み切れないというケースも多いようです。

設置導入にかかるコストは次の式で計算できます。「機材費用」+「工事費用」+「各種手続費用」です。導入するシステムの規模によっても金額はかなり変動しますが、だいたい総額で150万円~250万円程度になります。

ちなみに、機材費用には「家庭用ソーラーパネル・接続箱・パワーコンディショナー・モニター・売電メーター」が、工事費用には「足場工事・設置工事・電気工事」が、手続費用には「電気契約の申請・補助金申請・保証などといった書類関係」が含まれます。

発電量が天候に左右される

太陽光発電はソーラーパネルに太陽光が当たっている間しか発電することができません。

そのため晴れている日でも夜間は発電することができませんし、雨や曇りの日も発電することはできません(正確には微量の発電はできるのですが、本当に微々たるものです)。

特に梅雨の季節は晴れの日が少なくなりやすいので、1ヶ月の発電量も小さくなりがちです。

持ち家が必要

太陽光発電システムを導入するには持ち家が必要です。マンションやアパートでは屋上は住民全員の共用部となりますので、設置することはできません。

一軒家の借家であればオーナーと相談して導入することができることもありますが、稀なケースですので、基本的には一軒家の持ち家を持っているという条件が必要となると考えておきましょう。

蓄電機能がない・蓄電池は高い

基本的に太陽光発電には蓄電(電気を蓄えておくこと)機能は設けられていません。オプションで蓄電池を付けることもできますが、太陽光発電だけでも高いのに蓄電池も高額であることから、まだまだ普及しているとは言えません。

ちなみに、蓄電機能がつけば、昼間に発電して使い切らなかった電力を夜間に使うことができますので、更なる節約にもなるほか、夜間に地域的な大停電が発生したとしても電力を使うことができるなどのメリットがあります。

その他の細かなデメリット

ここまで4つの大きなデメリットをご紹介しましたが、他にも細かなデメリットや問題点がありますので、箇条書きでまとめてご紹介します。ただ、特に大きな事故に繋がるような危険性はありませんので、安心して設置することができます。

  1. 屋根に負荷(重さ)がかかる
  2. 申し込みから実際に設置されるまである程度時間がかかる
  3. 家の立地、屋根の形状によっては目的の発電量を得られない場合もある
  4. 停電時の利用を想定している商品ではないため、停電時に利用できるようにする機器はオプション(有料)となることが多い

太陽光発電に反対する意見

投資分を回収できるか疑問

電力会社に余った電力を売れるので「家計にやさしい太陽光発電」とのキャッチコピーで最近流行の太陽光発電ですが、私はなんとなく信用しきれずにいます。

なぜならば、請け負っている会社がほとんど運用前、運用中の費用だけ言及し、運用後に廃棄物として処理する際にどのくらいの費用がかかるのかについては触れていないからです。

メーカーの保証期間である10年で構築の費用が回収できても、その後また数十万円滅却にかかるとしたらそれは家計にやさしいとはいえないのではないでしょうか。そういった細かいところも明確にしてほしいです。

お小遣い稼ぎ程度なら…

太陽光発電は、実際に自宅に取り付けている人がいるぐらい身近にある発電方法です。しかし、この方法で年間でどの程度発電出来るのでしょうか。

また導入するに当たってのコストもバカになりません。国家がいくら補助金を出してくれていても、あくまでも補助レベルです。

ただ、一番導入しやすい事には間違いがないと思います。後は発電した電力を蓄電池などで蓄えておければ、停電などの際には非常に助かると思います。

太陽光発電は非常に導入しやすいメリットを持っていますが、導入に掛かるコストや天候次第で発電量が変わってしまう事から安定した電力供給と言うの言葉からはかけ離れてしまう感じがします。

積雪のある地域には向いていない

北陸の方に住んでいるので、うちの地元では太陽光だけで電力を賄えなさそうです。曇りの日や雨の日は、昼間でも電気を付けないと薄暗いので、日光が無いときの方が電力消費は増えてしまうんですよね。

メンテナンスも大変そうだし、屋根に雪も積もる北陸には向いていない発電方法だと思います。

ただ、きちんと晴れる日がある地方では、明かりを無駄なく使うことができるわけですから、極めて有益な発電方法だと思います。

暑すぎてもダメ

太陽光発電も意外なデメリットがあることを知りました。それは高温時における出力低下現象が起こるという事なのです。

つまり「太陽光が強すぎて周囲の気温が高くなると発電量が減ってしまう」というなんとも不可思議な状況になってしまうそうなのです。

詳しい原因などはインターネットを調べれば出てると思いますが、強い太陽光であれば発電量が大きくなり、安定した発電量が提供されると思っていたので、正直、かなり驚かされてしまいました。

太陽光発電にはこんなデメリットがあるので、砂漠地帯などでの太陽光発電所・メガソーラーなどは難しいかもしれません。

効率の悪い発電方法

世間では電力不足を解決する切り札であるかのように喧伝されがちな太陽光発電ですが、その現状は「未完の大器」であると思われます。

なぜなら、これを全国民に普及させるにはまだまだコストが高すぎます。それに、わが国の屋根という屋根に太陽電池を載せても電力はまだ足りません。

つまり、光電変換効率がまだまだ低いのです。さらに、太陽電池パネルはまだまだ重く、瓦屋根に載せるのは困難です。これらの問題を全て解決することで、太陽光発電は初めて全国民のものになると思います。

北海道には向かない

以前は太陽光発電に魅力を感じていました、ただ色々調べてみると、北海道は雪が多いので、太陽光発電にはあまり向いていないとの話がとても多く耳にしました。

正直便利だし、オール電化で太陽光ならと思い凄く魅力を感じていたのですが…なかなか上手くはいかないみたいですね。

北海道に向いていて、一世帯でキチンと電力に困らない生活が出来るような、変わるものがあればいいなと感じています。今は原発が止まっていて電力が足りなくなるので、どんどん夏に向けて不安になりますね。