環境に優しい自然エネルギーであるという大きなメリットを持つ風力発電ですが、デメリットや問題点や危険性が全く無いという訳ではありません。欧米諸国と比べて日本で普及が進んでいないのは、日本ならではの問題点もあるからです。

風力発電の普及がそこまで進んでいない理由は、やはりデメリットや問題点がまだ残されているからと言えます。

騒音問題・低周波振動問題

まず最初に挙げられるのが騒音問題です。風車が民家の近くに建設された場合、ブレードやタービン部が出す風切り音が騒音問題・低周波振動問題を引き起こす可能性があります。

そもそも風車は民家からできるだけはなれたところに設置するのが一般的なのですが、この問題が日本でも報道されるようになる前は、民家の近隣に建設されることもありました。

景観問題

大型風車がいくつも建ち並んでいる様子にそれほどネガティブなイメージは持たれていませんが、風光明媚な観光地などでは、風車によって景観が変わるために設置に反対するケースも多いです。

巨大な人工物が建設されることによって、自然景観を悪くするという可能性も否めないのです。

事故や故障の危険性

風車も機械ですからやはり事故を起こしたり、故障してしまったりすることがあります。

風車のブレードがなんらかの理由で破損してしまい、その破片が周辺に飛び散るケースや、風車のタワーそのものが破損して倒壊してしまったという例もあります。また、落雷によって故障するということもあります。

バードストライク

風車のブレードに鳥が衝突してしまうことをバードストライクと言います。林立された風車群のなかを鳥が飛行しようとしてブレード部分に衝突してしまうのです。

特に、鳥の大群が通るルートの地域でバードストライクが多く報告されています。そのため、現在は渡り鳥の飛行ルートには建設しないようにされています。

風が強すぎると発電できない

風力発電なんだから風は吹けば吹くほどいいような気がしますが、実は風力発電は強風には弱いのです。風車には定格風速があり、定格を大幅に超える速度で運転すると、設備の破損や焼損を起こすこともあります。

なお、現在はブレードの角度を変えて調節することができたり、また一定以上の速度になると発電を一時的に停止したりして対応していることが多いです。

風力発電に反対する意見

台風がある限り、日本には向かない

日本において、風力発電は進歩発展するでしょうか?私は難しいと思っています。風力発電には文字通り風が必要不可欠ですが、ただ強い風が吹けば良いというわけではありません。一定の安定した風が吹いていることが望ましいのです。

風速によって最適な風車の形状が異なりますので、およそどのくらいの風が吹いてくるのか見当がつかなければ困るわけです。日本では、季節風のように一定の風が吹くことはむしろ少なく、風の方向も風速も絶えず変化しております。風が変化するのはやむを得ないとしても、日本独特の「台風」が極めて厄介な存在です。

台風のエネルギーに合わせた風車を設計すると普段はほとんど発電ができない風車となりますし、普段の風で発電できるように設計すると、台風がきた時には風車は壊れてしまい、それこそ、壊れた風車の見本市のようになってしまいます。

日本では台風の来ない一部の地域以外では風力発電は不可能であると思われます。ただ、もちろん台風が来ないような場所に風力発電所を重点的に設置するのは賛成です。自然エネルギーですから、そういった場所でこれから育てていくべきでしょう。

風車を廃棄する時にはどうする?

今、私が住んでいる国では風力発電が電力のエネルギー源の三割くらいを占めています。しかし、ここは小国ですので、経済規模の大きい日本に適応できるかはわかりません。実は私は風力発電にはもろ手をあげて賛成できないのです。

なぜかというと、第一に、著しく周囲の景観をそこねます。私の故郷の近くにも風力発電の風車が海辺にたっていますが、正直、せっかくの景色が台無しになっています。

しかも、寿命を終えた風車の廃棄方法もまだ確立されていないと聞いていますから、それも反対の理由です。