水力発電のメリットだけを見ると「昔からあるのに何でもっと活用されないんだろう?」と疑問に思ってしまいそうですが、実は複数のデメリット・問題点・危険性も存在しています。

こちらのページではそんな水力発電のデメリットを分かりやすく解説しています。

ダム建設時に自然破壊が起きる

水力発電を行う際には多くの場合ダムが新たに作られます。ダムに水を溜めて放水量を調節することによって、発電量をコントロールしているのです。

ダムは山奥など自然豊かな場所に建設されます。実際にダムを見たことなくても、ある程度の規模のダムを作ろうとすると、かなりの広さの森林を伐採する必要があることは簡単に想像できます。

つまり、水力発電の最初の問題点は自然破壊なのです。水力発電は発電するときには二酸化炭素も排出せず、そして燃料も必要としないので、とても環境に優しいのですが、残念ながら1番最初に自然に悪影響を与えざるを得ないのです。

また、自然破壊は野生の動植物の住み処を取り上げてしまうということにもつながりますので、自然生態系への影響もデメリットの一つに挙げることができます。

天候に発電量が左右される

雨が長期間降らなかったためにダムから水が干上がってしまった様子を、テレビや新聞のニュースで見たことがあるという方もいらっしゃるのではないかと思います。

珍しいケースではありますが、仮にダムに十分な量の水が溜まっていない場合は発電所に向けて放水することができないため、電力を生み出すこともできません。

日本では干上がるほど雨が降らないということは稀だったのですが、近年の異常気象で干上がる事例も出てきています。

ダムに土砂が溜まる

ダムは常に同じ量の水を蓄えられるわけではありません。新設されたばかりのダムなら問題ありませんが、長い年月をかけてダムの底には土砂が堆積されていき、ストックできる水の量もその分減少してしまいます。

それほど大きなデメリットというわけではありませんが、長期的な視点に立ってみたとき、徐々に発電量が減少すると考えることができます。

決壊事故の危険性

世界的に見ても極めて珍しい事故ではありますが、ダムには決壊のリスクがあります。台風による大雨が原因であったり、地震による設備破損が原因であったりすることがほとんどです。

非常に小さな可能性ではありますが、万が一決壊すると下流に住んでいる人や建っている施設・動植物などに甚大な被害を及ぼすことがあります。

水力発電に反対する意見

漁業にダメージが出る

日本近海での漁獲高は減少傾向にありますが、その理由には海洋汚染の他に水力発電所の建造も考えられます。なぜかと言いますと、魚のエサになるプランクトンを育てるための栄養分が河川から海に流れ込まなくなったからです。

ダムができたことにより、それらの栄養分がダム湖の底に沈んでヘドロになり、養分欠乏と水質悪化の原因となっております。

漁業関係者の間では昔から「魚は山から来る」と言われていましたが、水力発電所によって魚は山から来なくなり、彼らは沖合や遠洋での操業を強いられているのです。

生態系への影響が心配

私は、水力発電には反対の立場です。

確かに水力発電は、待機を汚さないクリーンなエネルギーとして評価することが出来るのですが、一方で、自然の川をせき止め、ダムを作って発電することが多いため、その流域の水の流れを変えてしまうことになります。

そうなると、今までそこにあった生態系を脅かしてしまうかもしれないということが懸念されるのではないのでしょうか。そのような細かいところにも気を配って考える必要があると思っています。

これ以上はダムを造るべきではない

山の高低差を利用した自然にやさしいような発電のように見えますが、ダムを開発しなければならない点で自然に良い発電とは言えないと思います。

ダム開発のために、広範囲の自然を破壊しなければならないような発電方法は環境も破壊するし、今まで維持していた景観も破壊してしまうため、これ以上増やすべきではないと思います。

もう作ってしまった所は元の自然環境に戻すのは不可能だし、作ったとき以上の費用もかかってしまうので、これから水力発電をすすめる場合は、もっと自然を破壊しない水力発電の方法を見つけて進めて欲しいと思います。