資源エネルギー庁が推進する固定価格買取制度の対象であるバイオマス発電には、様々なメリットや長所があります。単に自然エネルギーであるというだけではなく、他にも魅力的なポイントがあるのです。

そこでこちらでは、賛成派の意見と共にバイオマス発電のメリットや長所をご紹介したいと思います。

自然エネルギーである

バイオマス発電が注目を集めている最も大きな理由は、自然エネルギー(再生可能エネルギー)であるということです。

火力発電のように二酸化炭素を大量に排出することがなく、原子力発電のように多大な被害を及ぼす危険性がない自然エネルギーは、これからのエネルギーのあり方を考えていく上で欠かせない存在です。

ちなみにバイオマス発電以外には水力発電風力発電地熱発電太陽光発電などが自然エネルギーに含まれます。

カーボンニュートラルなので二酸化炭素を増やさない

バイオマスには「カーボンニュートラル」という考え方を適用することができます。簡単に言ってしまうと、二酸化炭素の量を増やさないということです。

バイオマスも燃焼させれば当然二酸化炭素を排出しますが、大気中の二酸化炭素の量は増加させません。これはどういうことかというと、バイオマスが資源として利用されるまでの過程で、大気中の二酸化炭素を吸収しながら成長しているからです。

バイオマスが光合成を繰り返して、大気中の二酸化炭素を吸収した段階で、大気中の二酸化炭素量は減少します。

そしてそのバイオマスを燃焼させることで二酸化炭素を排出しますが、成長段階で減少させているため、プラスマイナス0と考えられるのです。この性質をカーボンニュートラルと言います。

このように、バイオマス発電は火力発電と同じ仕組みで発電をしていながら、二酸化炭素の量は増加させないというメリットを持っています。

資源の有効活用に繋がる

バイオマスの中には、燃料として使われなければ余計なゴミとなってしまうようなものがたくさんあります。

例えば「一般家庭の生ゴミ・工場から出る大量の木屑・下水道に溜まる下水汚泥・食品廃材・建築廃材」などが代表例です。

これらのゴミを燃料として有効活用することができるというのは大きなメリットと言えます。

出力の変動が容易である

先に「火力発電と仕組みは同じ」と書きましたが、火力発電のメリットの一つである「出力調節の容易さ」という点も同じです。

燃料(バイオマス)の量をコントロールすることによって出力を変動させることができます。なお、他の自然エネルギーに関しては出力の調整は難しいとされています。

バイオマス発電に賛成する意見

コストの問題もいずれ解決できる

食料となり得る穀物等を原料とする方法を除けば、バイオマス発電には賛成です。特にこれまで廃棄されていた廃材、間伐材、糞尿などを原料としたバイオマス発電には大賛成です。

福島原発事故は、大変不幸な出来事ではありましたが、国民一人一人が真剣にエネルギー問題を考える機会を与えてくれました。

大規模で危険な原子力発電ではなく、自然のサイクルに逆らうことなく、人にも環境にも優しい小規模なバイオマス発電所を、自治体単位で設置してゆくのが理想的な形です。

コストが高いという反対意見があります。しかしそれはバイオマス発電が未だ社会のシステムとして一般的に稼働していない為です。

今後、廃棄物を利用したバイオマス発電を本格的に主要な発電の一部として導入すると決めれば、もっと効率の良いシステムが構築される筈です。

そもそも原料となりうる廃棄物を処分するにも、これまでコストが掛かっていた訳で、それを考慮すれば非現実的にコストが高い訳ではないと思われます。

自治体の中でも原料の調達が可能で、何より安全性という意味でも、今後優先して実用化を進めるべき発電方法であるべきです。

廃棄物の再利用は大きな魅力

バイオマス発電に賛成します。理由は、発電方法は色々なものを用意しておいた方がよいと思うからです。

発電方法を一つだけに絞ったり種類が少なかったりすると、その発電方法がダメになってしまった時に代替手段を用意するのが難しくなってしまいます。

また、バイオマス発電では廃材や木屑を燃料として使えるところも魅力的です。工場などでは大量の廃棄物が出るので、それらを有効利用できるのは大きなメリットだと思います。

廃棄物を処理するのにも大きな費用がかかるので、その廃棄物を発電に利用できるなら利用した方が良いと思います。

バイオマス発電がもっと一般的になれば、研究も進んで効率的な発電が可能になるはずです。発電方法は既に色々ありますが、バイオマス発電というものを知っている人はまだそれほど多くはないと思います。

バイオマス発電も発電方法の選択肢の一つとして、しっかりとした研究をしていくべきだと思います。