火力発電に限った話ではなく、どのようなモノやサービスであっても必ずデメリットは付きものです。火の力を活用するため、一般にも知られているデメリットが存在するのですが、そちらをご紹介したいと思います。

火力発電のデメリット・問題点・危険性を知りたいという方はぜひ参考になさってみてください。

大量の化石燃料を必要とする

世界的に見ても依存度が高い火力発電は、それほど多くのデメリットや問題点を抱えているわけではありませんが、主なデメリットは2つあります。まずは1つ目の「大量の化石燃料を必要とする」です。

火力発電ではまず火を生むために燃料を必要とします。主な燃料は天然ガス・石炭・石油です。

火力発電所で電力を作るにはこれらの燃料を使って火を燃やし続ける必要があります。後は、火を燃やし続けるために、ずっと燃料を供給し続けなくてはならないのです。

大量に燃料を必要とするという点では、天然ガスにしても石炭にしても石油にしても共通して言えることなのですが、それぞれの燃料についても簡単に問題点を挙げておきます。

天然ガス 石炭や石油と比べると二酸化炭素の排出量が少なく、最もメリットの多い燃料ですが、石炭と比べると燃料単価が割高です。
石炭 天然ガスや石油よりも燃料自体が安いというメリットがありますので、よく使用されていますが、二酸化炭素を多量に排出します。
石油 天然ガスや石炭とくらべると実はあまり使われていません。火力発電の燃料の割合から行くと上の2つがそれぞれ約4割、石油が約2割です。その理由は、中東の情勢によって石油価格が変動しやすく、そして単価が高いからです。

二酸化炭素を大量に排出する

火力発電における最大の問題点はこちらです。エネルギーの原理上、燃料を燃やせば二酸化炭素が排出されてしまうのは仕方のないことなのですが、やはり火力発電所からは他の発電所よりも多量の二酸化炭素が出ます。

そして、二酸化炭素は地球温暖化の主な原因となっています。

また、二酸化炭素以外にも硫黄酸化物・窒素酸化物などといった排気ガスを出します。かつてはこれらが原因となって公害にもなりましたが、現在では法律で基準が定められていて、大幅に改善されています。

前述の通り、火を燃やす以上、二酸化炭素は排出されますが、その排出量を技術の進歩によってどんどんと少なくすることができれば、数十年先も数百年先も火力発電が世界の電気供給量トップを担っていくのではないかと思います。

事故の危険性は0ではない

火力発電所には万が一の事態に備えた様々な安全設備が備えられているため、原子力発電のように被害が広範囲に及ぶような事故は起こりません。ただ、30年以上前になりますが、火力発電所内のタンクが爆発するという事故は起きています。

火力発電に反対する意見

火力発電はもう限界

今世間では原子力発電所が止まっているといった状況なのですが、そんな中、頑張っているのが火力発電所です。

ただ、火力発電所のボイラーというのはもうほとんど設計が古いものばかりなのです。だから、もしボイラーがトラブルで止まってしまったら、停電してしまう恐れがあるのです。

今から、新しく火力発電所を作るといっても、地球温暖化という問題もありますし、この火力発電の稼働は限界があるのではないかと思います。

これからは太陽光発電や地熱発電などといった自然エネルギーを増やすべきではないかと思います。

温室効果ガスを出さない自然エネルギーに期待したい

私は火力発電には反対です。確かに火力発電の「安定して電気を生産できる」という点は評価できます。

しかし、火力発電に用いられている燃料は化石燃料であり、地球温暖化を引き起こす温室効果ガスを大量に排出してしまい、環境を悪くしてしまうからです。

電気をつくることも大切だとは思うのですが、それ以上に、今ある自然をしっかりと保護していくことの方が大切だと思うので、火力発電はあまり良い方法ではないと思います。

風力発電や地熱発電などといった自然エネルギーに期待したいです。

化石燃料に頼るのは良くない

私は、資源の事を考えると反対です。火力発電の原料は化石燃料です。この化石燃料がなくなりつつあると聞きました。供給が不安定な限り、私たちは将来的に安定した生活をする事が出来なくなります。

また、火を燃やすことによって排出される二酸化炭素も環境に良くないと思います。

次に水力発電に関してですが、こちらはダムの建設が必要となってきます。このダムの建設によって、自然環境が破壊されてしまったり、生態系が変わってしまったりする事も考えられるので、これもあまり良くないのではないかと思います。

個人的には太陽光発電と地熱発電、そして蓄電池に期待を寄せています。