ホーム > バイオマス発電 > デメリット・問題点

デメリット・問題点

自然エネルギーであるため、他の発電方法と比較するとデメリットや問題点は少ないのですが、それでもゼロという訳ではありません。これから普及していくことを考えると、デメリットや問題点を把握しておくことは大切ですので、一度ご覧頂いて、ぜひ何かの参考にして頂ければと思います。

完全に二酸化炭素を増加させないわけではない

まず最初にご紹介するデメリットはカーボンニュートラルに関する点です。メリットの方でも二酸化炭素に関して触れていますが、バイオマスそのものが吸収して排出する二酸化炭素の量が同じでも、バイオマスを収集運搬するための車両が排出する二酸化炭素などのことを考えると、二酸化炭素が全く増加しないとは言えません。

カーボンニュートラルについての解説はバイオマス発電の仕組みと種類のページの後半部をご覧頂ければと思いますが、単純に燃料として燃やすという視点から見ればニュートラルであるものの、そこに至るまでの運搬作業などを考えると完全にプラスマイナス0であるとは言えません。

ただし、他の自然エネルギーに関しても同様のことが言えるため、デメリットや問題点というほどではありません。太陽光発電風力発電にしても、発電所を組み立てる際やメンテナンスをする際には、車両を使って必要な道具を運ぶからです。

コストがかかる

発電所建設のためのコストはもちろんですが、意外とコストがかかることの1つにバイオマスの収集作業が挙げられます。バイオマスはあちらこちらに分散していることが多いため、その収集と運搬作業にコストがかかりやすいです。また、集めたバイオマスの管理や加工に関してもコストが発生します。

耕地を作るために森林伐採が進む可能性がある

バイオマス発電の燃料として作物を育てようとする場合、現在食用の作物を育てている耕地とは別に、新しい耕地を確保する必要があるというケースも考えられます。

そのために今ある森林を伐採して、新たな耕地を作るという事業者が出てこないとは限りません。自然エネルギーを利用するために自然を破壊するという本末転倒な事態は避ける必要があります。

また、食用よりも燃料用の作物を優先して育てるということが一斉に起こると、食用の作物の市場流通量が減少するため、作物の価格が上昇するということも考えられます。こちらも今後の懸念点として考えられていることです。

否定的な意見(2件)

●●バイオマス発電は家畜の廃棄物や植物などを原料にした燃料を使って発電することです。これはCO2が植物によって循環されるため、結果排出されるCO2が等しくなるという考え方から環境にやさしいという意味で注目されているようです。

しかし、この植物を育てる段階で石油などの燃料を使ってしまうと、結局排出されるCO2が上回ってしまうという問題があります。

もうひとつ問題なのは植物を耕作する土地の問題です。十分な燃料を生産するためには、広大な土地が必要になります。それを確保するために山や熱帯雨林などを切り開いてしまっては何の意味もありません。もっと言えば、食物にもできるトウモロコシやサトウキビなどを使っていては、食糧問題にも結びつきかねません。

最後はやはりコスト面でしょうか。燃料を生産することからはじめるのですから、発電コストはかなりのもので、とても採算の合うようなものとは言いがたいです。

以上のことからバイオマス発電はまだ問題点が多く、導入は時期尚早と言わざるを得ないと思います。

●●経済的観点からバイオマス発電に反対します。バイオマス発電は単純に採算が取れないからです。日本政府は2002年に国家プロジェクトとしてバイオマスの利用を促進しました。結果はどんなものだったでしょうか。

総務省行政評価局の評価によると、データが取れたバイオマス発電のうち、7割が赤字でした。そのうち4割に至っては、バイオマス原料すら充分に調達する事ができなかったそうです。

政策評価的には「期待された効果は皆無」。この言葉がバイオマス発電の現状を端的に表しているのではないでしょうか。言い方はあれですが、要するに、壮大な税金の無駄遣いだったのです。

バイオマスの致命的な欠点として、燃焼させる為のエネルギー量が圧倒的に少ない事があげられます。重油なら1キロあたり1万キロカロリーの発熱量がありますが、バイオマス(木質ペレット)の場合、その半分以下。わずか4,000キロカロリーの発熱しかありません。

重油なら1キロで済む所を、同じ熱量を得るためにはバイオマス2.5キロ必要になります。これでは採算が取れる筈もありません。バイオマス発電を推進すると、電気代はより高騰し、国内産業の国外への脱出はさらに加速してしまうのではないでしょうか。同じ自然エネルギーなら太陽光発電や風力発電に力を入れてほしいです。