原子力発電のデメリット・問題点

2011年に3月に福島第一原発で事故が発生した際には、テレビや雑誌・ラジオ・インターネットなど、様々なメディアで原子力発電のデメリットや問題点が指摘されました。既に上記の各メディアで情報を目にして知っているという方も多いかもしれませんが、こちらのページで主な問題点をまとめてみました。

極めて高い危険性

既にご存じの方も多いかと思いますが、原子力発電の最大のデメリット・問題点は「危険性」です。事故が起きた場合の危険性は他のどんな発電方法よりも極めて高いと言うことができます。

放射性物質の放出

まずは原子炉から放射性物質が放出されてしまう場合を考えて見ましょう。重大な事故で外部に放出される場合、大量の放射性物質が放出されます。原発周辺はもちろんのこと、国土全体や地球規模で汚染される可能性も否めません。土壌や海洋が汚染され、人間や動物も放射線を被曝することになります。

事故の修復

もう一つの問題は事故が起きた際の修復が難しいという点です。原発から高レベルの放射線が放出され続けている間は、事故の修復のために原発に近づくことが困難です。そのため、修復までに長い時間を要する可能性もあります。

津波の被害

最後に津波との関連性を挙げます。福島第一原発がこの例だったのですが、冷却に大量の海水を使う場合は、海の近くに原発を設置する必要があります。これはつまり津波による被害を受けやすいと言い換えることができます。

コストが高い

原子力発電のメリット・長所のページでは「コストが安い」と真逆の項目を設けておりますが、考え方によっては極めてコストが高いと言うこともできます。通常通りに運転できている場合はコストは安いと言えますが、仮に事故が発生した場合には莫大な賠償金が必要となります。

また、使用済み核燃料の管理や、放射性廃棄物の処分にも多大なコストがかかり、更には原子力発電を終了させるために廃炉にしようとする際にもかなりの金額が必要となります。

兵器に転用できる可能性がある

原子力発電所では核分裂を利用するため、核兵器への転用というリスクが存在します。たとえば天然ウランから核燃料を作る際に発生する劣化ウランは、劣化ウラン弾として使うことができます。また、原発そのものや核廃棄物処理施設への外部からの攻撃(テロなど)によって、多大な被害を被る可能性もあります。

技術に関する点

日本では事故への懸念もあり、原子力発電の技術者数が減少傾向にあります。その他、火力発電のように出力を簡単にコントロールすることができない点や、原発を停止させるために必要な所要時間が長いなどといった点も問題点として挙げることができます。

反対派の意見(10件)

●●私は原子力発電には反対です。その第一の理由は「汚い」からです。汚いものは洗えば良いと思われますが、原子炉から出る汚染物質である高レベルの放射性廃棄物は、人間の健康に害のない状態になるまでに10万年を要します。

その処理コストは天文学的に高額であり、功利主義の立場からも原子力発電は元が取れない技術と言わざるを得ません。電源立地の調査に10年、基礎工事の着工から完成までに10年かかります。

完成後、なんの問題もなく運転できたとして寿命が約40年から50年、廃炉決定から原子力発電所が更地になるまでに最低10年を要します。つまり、なんの問題もなく寿命を全うできた場合で、そのライフサイクルは70年にも及びます。そして、その70年間にわたって多額の費用を食い続けてしまうという訳です。

更に、原子炉は少なからず事故を起こす恐れがあり、その場合は、途中で廃炉となることは勿論のこと、後処理に要する期間が30年から50年ほど延長されることになり、ライフサイクルは100年を超えてしまいます。これだけ長い時間を必要とすると、極めて効率が悪いと言えます。

汚いうえに効率が悪いのですが、良い事もあります。それはCO2をあまり出さないというだけではなく、すぐに莫大なエネルギー源を確保できるということです。ただし、良い点はこれだけである。ですので私は、純粋に技術的な観点と、功利主義の立場からも原子力発電には反対です。

●●原子力発電所を安全に運営していく事で日本の技術力の高さを世界にアピールができると言う人たちがいます。そういう人たちは、はっきり言って技術と言うものがわかっていないと思います。

航空機事故でも、建造物事故でも、起こった場合には、その原因が究明され、それを反映して技術的な改良がなされます。つまり、これまでの技術の進歩は失敗に学ぶ事でなされてきたのです。

ところが原子力発電所は事故が起こると規模が甚大すぎるので、失敗が許されません。つまり、失敗から学んで発展させるというのは、事実上不可能なのです。これをまともな技術と言えるでしょうか。

例えば福島の事故を見ても、未だに原子炉本体の中身がどうなっているか分からず、事故に至ったシーケンスもはっきりせず、事故原因も未だはっきりしません。ですから、技術的に改善したくても未だ何もできていないのです。このような無茶な発電方法は、私はまともな技術と思えませんし、容認できません。

●●原子炉を動作させる場合、いわゆる高レベル放射性廃棄物の発生は避けられません。本来ならば、この廃棄物の最終処分方法を確立してから原子炉を稼働させるべきです。

しかし、わが国の原子力行政は、それの未だ整わぬままに原発を稼働することを許しておりますが、これは恐るべき安全軽視です。しかも、この「核のゴミ」は、ほぼ無害になるまでに10万年もかかると言われておりますが、そのような長期に亘って安全な状態のまま隔離できるとは思えません。

●●原発賛成派のほとんどは、原発が止まることでの電力不足を稼動の理由に挙げています。原発以外は水力か火力しか主要発電所がない現状で、原発やむなしの声は少なくありません。

しかし、原発は決して安い電力ではありません。使用済み核燃料の処理、原発を建てる市町村に支払う給付金の額だけでも相当なものです。福島のように、一度事故を起こせば一企業では支払いきれない賠償金が必要となります。

本当に安価で安定した発電方法はきっとあります。まず原発ありきではなく、他の可能性を探っていく姿勢も必要なのではないでしょうか。

●●活断層の上に立地し、老朽化の為に危険と指摘されている愛媛県の伊方原発から150キロほどの距離に住んでいます。2011年の東日本大震災以降、東南海大地震発生の危険性が指摘されています。

震災以降の福島原発の惨状を見ていると、即刻廃止をしてもらいたい、と言うのが素朴な感情です。しかしながら、経済的な電力不足等の現実的な問題には対応する必要も理解できます。

まず新規原発の設立は全て中止し、火力発電や水力発電太陽光発電やその他の発電設備を増強する過程で、築30年経過した老朽化した原発や、活断層上等の危険な立地条件にある原発から、段階的に廃止していく事が必要だと思います。

●●原子力は確かに温暖化の原因のCO2も出さず、低コストな発電方法かもしれません。それでも、このような事態を一度見れば、そのメリットを覆してあまるデメリットがあることを発揮と思い知らされました。

原発周辺の方々は自宅に帰ることもできず、人生を大きくゆがめられ、置き去りにされたペットたちや家畜の命はどれほど失われたかと思うと心が痛みます。政治的な面、理研、複雑な問題はいろいろとあるかと思いますが、遠い未来を考えればこの高すぎるリスクは負うべきではないと私は思います。

●●私が反対する理由は環境にひどい汚染を及ぼすからです。発電時に二酸化炭素を出さない事で、環境に良いような事を言う人がいますが、ウラン燃料の加工の過程や、様々な部分で二酸化炭素が排出される事を無視しています。

それにそれ以外にも温排水の問題や、高レベル放射線廃棄物の問題など、環境に重大な汚染をもたらす問題を孕んでいます。

●●これまで危険だといわれてきた原子力発電ですが、世界各国で原子力発電所が、まだ増え続けているのが現状です。それは、各国とも原子力発電の危険以上のメリットが、原子力発電にはあると考えているからだと思います。

しかしながら、日本を含め各国とも想定される最大限の悪状況に対応できる発電所の設計・管理を行っているようですが、実際には、東日本大震災のようにその想定を超える自然現象が起こったことも事実です。

もう一度、原子力発電所が安全に稼動するために必要な場所、どんなすごい自然現象にも耐えることの出来る設計等が出来ないかぎり、また大きな被害を及ぼす可能性があるため、私は賛成は出来ません。

●●私達の寿命はせいぜい100年です。100年しか生きられない私たちが、何万年も後の世界に、悪い影響を与えるようなものを利用すべきではありません。誰が責任を取るのでしょうか。それは、我々の子供たちです。

さながら、「10000年後に払うから」といって子供に借金をしているような状態です。どうしようもない親たちです。こんなことがまかり通って良い訳はありません。原子力発電に真の賛成派などいないはずです。今こそ原子力発電依存度を減らし、代替エネルギーの開発に全力を尽くすべきです。

●●原子力発電には反対です。被害の範囲、甚大さもさることながら、ひとたび事故が起きてしまえば誰も収束できないからです。収束できないと言うことは、コントロールが不可能だといえます。

コントロールが出来ないものを無理やり使おうという発想がそもそも間違いで、便利だからと言って肯定し、依存度を高めていけば危険度も増していきます。また、原発はテロの標的にもなりえます。これらを踏まえると、原発の建設とは、誘爆の可能性がある時限爆弾を設置しているのと同義と言えます。

賛成派の意見は、「実際に他の電力で代替できないから・・・」というものが多いですが、原子力発電に依存した結果として、代替手段の開発が遅れてしまったと言う現状があるのです。

新型の火力発電所は効率や性能も上がっているようですので、基本的には徐々にそちらに代替していくべきだと思います。太陽光発電に関しては、利権に対する癒着・特定の企業・団体への利益誘導に注意しながら、着実に進めて行くべきだと思います。

ページの先頭へ