ホーム > 太陽光発電 > 家庭用のメリット・デメリット

家庭用のメリット・デメリット

ここ数年の環境対策やエコブームなどによって、太陽光発電という言葉を良く耳にするようになりましたが、一体どのような発電方法なのでしょうか。家庭用太陽光発電に関する基本的な知識について、簡単に分かりやすくご説明します。

太陽光発電とは

太陽光発電システムとは、屋根や庭など屋外に太陽電池を設置し、太陽の光で電気を作るシステムです。太陽のエネルギーを直接的に電力に変換することができます。ソーラーパネルを使用することから、別名ソーラー発電などと呼ばれたりもします。

太陽光発電システムで作った電力は自分の家の電力として使うことができるほか、余った分の電力は家庭用蓄電池に蓄電したり、電力会社に売ったり(=売電)することができます。売電する場合は、売る電気と買う電気のやり取りは自動的に行われますので、私たちが何か特別な操作をする必要はありません。

仕組み

太陽光発電システムを設置導入する方が特に知っておかなければいけないということではありませんが、簡単に発電の仕組みをご紹介します。

  1. 太陽光電池モジュール
    太陽光電池モジュールで太陽光から電気を作ります。
  2. パワーコンディショナー
    1番で作られた電気を屋内で使用できる電気に変換します。
  3. 屋内分電盤
    屋内分電盤とはブレーカーのことです。これを通じて屋内に電気を送ります。
  4. 電力メーター
    今まで使っている電力メーターとは別に、専用のメーターが設置されます。このメーターによって電気を買ったり売ったりするやり取りが自動的に行われます。

なお、より詳しい情報や家庭用ソーラーパネルの種類などに関する情報は、太陽光発電の仕組みと種類というページで解説しておりますので、併せてご参照下さい。

注目を集めている理由

太陽光発電は、現在世界中で問題となっている地球温暖化の原因となる温室効果ガス(二酸化炭素)を排出せずに発電することができるため、とてもエコな発電方法としてよく知られています。

日本で主流とされている火力発電は、ガス・石油・石炭などを利用し、温室効果ガスを排出しますし、原子力発電は事故が起きた際の被害が甚大になるといった問題点がありますが、それらの発電方法と比べると違いは顕著です。

また東日本大震災によって、地域的な停電や電力会社による計画停電が話題となっていますが、 太陽の光で電気さえ作ることが出来れば停電や災害の時にも影響を受けることなく電気を使うことができます。更に、蓄電池や蓄電機能が備わっているものであれば、電気を蓄えておくことも可能です。

メリット・デメリット

どんな商品やサービスにもメリット・デメリットがあるように、太陽光発電にもメリット・デメリットが存在します。自宅に太陽光発電システムを導入しようかどうか検討されている方は、事前にメリットとデメリットは押さえておくようにしましょう。

メリット

設置導入のメリット・長所を箇条書きでまとめてご紹介します。こちらでは全部で12の項目をご紹介しておりますが、より細かく分割して挙げていくと、もっとたくさんのメリットが存在します。地球環境にも優しく、そして私たちの日々の電気代の節約にもなる太陽光発電はとてもおすすめです。

  1. 電気料金の支出を大幅にカットできる
  2. 電力需要時間の電力削減に効果がある
  3. 余った電力は電力会社に売ることができる
  4. 温室効果ガス(二酸化炭素)を排出しない
  5. 国や地方自治体から補助金をもらうことができる
  6. 停電など万が一の時にも電気を使うことができる
  7. 使用されている部品や機器などのリサイクルが可能
  8. 専門的な知識はいらず、設置した当日から発電が可能
  9. 石油燃料を使わないため有害な廃棄物などが発生しない
  10. メンテナンスは業者管理のため一切の手間がかからない
  11. 設置導入に必要な条件が少なく、設置可能な面積・場所が多い
  12. 国と都道府県からの補助金を合計すると約20万円~50万円の補助金がもらえる

デメリット

設置導入のデメリット・短所・問題点を箇条書きでまとめてご紹介します。いくら注目を集めている太陽光発電といえども、少なからずデメリットは存在します。実際に自宅にソーラーパネルを設置するかどうかは、前述したメリットと以下のデメリットとの兼ね合いも考える必要があります。

  1. ソーラーパネルそのものの価格が高い
  2. 設置導入にかかるコストが高い
  3. 屋根に負荷(重さ)がかかる
  4. 太陽が出ていない夜間の発電は不可能
  5. 天候によって発電できる電力量に大きな差が出る
  6. 蓄電池がついていない場合、蓄電することはできない
  7. 申し込みから実際に設置されるまである程度時間がかかる
  8. 商品によっては一戸建て・持ち家でないと設置導入できない
  9. 家の立地、屋根の形状によっては目的の発電量を得られない場合もある
  10. 停電時の利用を想定している商品ではないため、停電時に利用できるようにする機器はオプション(有料)となることが多い

まとめ

長所と短所をそれぞれ箇条書きでご紹介させて頂きました。メリットの部分で大きいのはやはり「地球に優しい」「節約になる」という2点です。逆にデメリットの部分で大きく負担となるのは「費用」です。

太陽光発電の見積もり業者などでは、初期費用と節約効果のシミュレーションをしてくれるところも多いですので、ソーラーパネルを設置する市内は別にしても、まずは気軽に依頼してみてはいかがでしょうか。