ホーム > 育エネ > 施設見学レポート > あいち臨空新エネルギー実証研究エリア

あいち臨空新エネルギー実証研究エリア

2012年8月11日に「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」を見学してきましたので、そちらのレポートとなります。こちらでは太陽光発電・風力発電・バイオマス発電・燃料電池などといったエネルギー関連設備の見学が可能です。

施設概要

まずは簡単に「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」についてご紹介します。こちらは愛知県常滑市周辺にある様々なエネルギー関連施設によって構成されている「あいち臨空新エネルギーパーク」の中核を成している施設です。「あいち臨空新エネルギーパーク」には以下の5つの施設が含まれています。

  1. あいち臨空新エネルギー実証研究エリア
  2. セントレア水素ステーション
  3. 新舞子マリンパーク風力発電施設
  4. 中部国際空港「セントレア」
  5. メガソーラーたけとよ

今回こちらのレポートでご紹介するのは1番目の「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」です。冒頭の通り、自然エネルギーに関する様々な実証実験を行っている施設で、一般の方でも予約をすれば見学することができるようになっています。

「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」は細かく分類すると10以上の設備から構成されていますが、詳しくは公式パンフレット(PDF)をご覧下さい。当サイトでは以下のように大きく分けてご紹介していきます。

  1. 太陽光発電編
  2. 風力発電編
  3. バイオマス発電編
  4. NAS電池・EV・PHV編
  5. 燃料電池編
  6. 新エネ体験館編

到着まで

名古屋市内から自動車で向かったのですが、カーナビ上で場所は把握できたものの、駐車場への入り口が分かりにくかったため、ちょっと手間取ってしまいました。

14時に2人で予約をしていて、到着したのは13時30分頃でしたが、駐車場近くまで担当者の方が出てきて下さり、そこから色々な解説を受けることができました。

フォトギャラリー

各発電設備などの解説は先述の各ページからご紹介しておりますので、こちらでは現地で撮影したいくつかの写真を掲載したいと思います。簡単なコメント付きです。

建物の外から撮った写真です。
建物の外観

駐車場です。この日は1台しか停まっていませんでした。
駐車場の写真

駐車場にある案内図です。まずは受付を済ませます。
あいち臨空新エネルギー実証研究エリアの案内図

あいち臨空新エネルギー実証研究エリアの全体図です。
あいち臨空新エネルギー実証研究エリアの全体図

様々なエネルギーの解説が行われている新エネ体験館の入り口です。
新エネ体験館の建物

新エネ体験館の中の案内図です。
新エネ体験館の中について

今回の見学で頂いた資料です。
資料の一覧

見学を終えて

太陽光発電設備の解説に始まり、新エネ体験館の紹介で幕を閉じた今回の見学コースでしたが、約90分間ためになる話を色々と聞くことができました。私たち2人を案内して下さったのはDさんという方で、物腰が柔らかく、私たちのような若者にも熱心に一つ一つの設備について解説をして下さいました。

今回の見学で初めて「次世代エネルギーパーク」という施設に足を運んだのですが、こんなに勉強になるとは思ってもいませんでした。

当サイトを運営しているということもあり、私自身も自然エネルギーについての多少の知識はありましたが、やはり現場で実証研究をされている方々は知識量がすごく多かったです。事前に用意していたいくつかの質問や、現地で思いついた疑問などを尋ねてみたところ、どれも分かりやすく回答して頂くことができました。

最後に、個人的な感想としては小中学生の社会科見学の行き先としても、もっと活用してほしいなと思いました。設備や解説が素晴らしいのはもちろんのこと、小さい頃からこういった施設に触れておくと、発電やエネルギーの分野に興味を持つ子どもが増えるのではないでしょうか。