家庭用ソーラーパネルの補助金制度

太陽光発電システム(家庭用ソーラーパネル)を設置導入すると、国や地方自治体から補助金が出ることをご存じでしょうか。この制度を「補助金制度」といいます。一般家庭の場合、システムの設置導入に百万円以上かかることがほとんどですから、補助金制度を上手に活用しましょう。

国と地方自治体で異なる補助金制度

太陽光発電のシステムの普及は政策(地球温暖化防止に貢献する自然エネルギー促進の政策)として推進されており、そのための補助金制度なのですが、実は国から補助金が出るパターンと地方自治体からでるパターンとがあります。

国からの補助金制度は、どこに住んでいても誰でも一定の条件を満たせば補助金を得ることができます。一方で地方自治体のものは、住んでいる場所・地域を管轄している自治体が定めた条件をクリアした場合のみ得ることができます。

ちなみに、国が提示した条件と地方自治体が提示した条件の両方を満たした場合は、両方から補助金を得ることができるので大変お得です。両方共に複雑な申請手続きをする必要がありますが、多くの場合、契約した施工会社が代行してくれます。

国の補助金制度の条件

地方自治体の補助金の条件は自治体ごとに異なって定められていますので、こちらでは国が制定している補助金制度を受けるための条件を簡単にまとめてみました。

  • 住居として使用(店舗、事務所等との兼用は可)する建物に、太陽光発電システムを新たに設置する個人または法人(個人事業主を含む)
  • 太陽光発電システムの購入者であること
  • 電灯契約をしている契約者本人であること
  • 太陽光発電システムが、低圧配電線と逆潮流有りで連系すること
  • 太陽光発電システムが、住宅の屋根等への設置に適した太陽光発電システムであること
  • 太陽電池モジュールの公称最大出力が10kW未満であること
  • 太陽電池モジュールの性能・品質が一定期間確保されていること
  • 太陽光発電システムの価格が65万円/kW以下であること

条件に該当するかどうか

上に補助金制度の条件をずらっと掲載させて頂きましたが、実際のところ、私たち消費者サイトが大丈夫かどうか心配する必要はありません。多くの場合、太陽光発電システムの設置業者、もしくは見積もり業者が、条件に含まれるかどうかを事前にチェックしてくれます。ですので、気軽に尋ねてみると良いのではないかと思います。

補助金制度のまとめ

以上3項目にわたって補助金制度のご紹介・ご解説をさせて頂きました。再生可能エネルギーとして知られている太陽光発電は、世界的に見てもかなり高い注目を集めており、これから更なるテクノロジーの進化も期待されています。特に家庭用蓄電池との併用が現在注目を浴びています。

環境に優しく枯渇する恐れがないということもあり、日本でも補助金制度が整備され、ソーラーパネルの設置が推進されています。これからまた変換効率の良い新しいパネルの登場にも期待がかかりますが、現状でも節約・節電に繋がりますので、まだ導入を決めかねているという方は、ぜひ設置をおすすめします。

設置導入の手順

ここからは家庭用太陽光発電システムの設置導入の流れをご紹介しています。契約する施工会社によって小さな違いはあるかもしれませんが、基本的にはこちらでご覧頂く通りの手順で設置導入が進められていきます。

見積もりを依頼する

まず最初に太陽光発電システムを設置導入するにあたって、実際どの程度の費用がかかるのか見積もりを出してもらいましょう。複数業者の見積もりをしてくれる無料一括見積もりサイトを活用するのも便利でお勧めです。

担当者が現地調査・カウンセリングに訪れる

見積もりを受けたら、各社の担当者と連絡を取り、現地調査の日程を決めます。その後、決まった日程に担当者が自宅へ訪れます。見積もりで出た数字は概算ですので、ここで担当者から詳細な見積もりを聞いておきましょう。また、分からないことや気になることはなんでもズバズバと質問するようにしましょう。

提案を受ける

現地調査・カウンセリングの結果をもとに、担当者が最適なプランを提案します。プランは一つだけのこともありますし、複数プランを提案してくれることもあります。単純にお金だけの問題ではなく、担当者との相性やアフターケア・メンテナンスなど様々な角度から比較検討するようにしましょう。

契約をする

設置導入をお願いする決心がついたら契約に進みます。費用の確定・工事日程のスケジュール調整・補助金制度使用の有無・ソーラーローン使用の有無などといった項目を決定していきます。

実際に設置導入する

契約が済んだら、工事日程の通りに取り付け作業が始まります。太陽電池モジュールなどの機器を取り付ける機器設置工事と、取りつけた機器の電気配線を行う電気配線工事が行われます。一般的に工事は1日で終わりますが、オール電化システムも同時に取り入れる場合は2日かかることもあります。

設置導入手順まとめ

こちらでは太陽光発電の見積もり依頼から設置完了までの手順をご紹介致しました。場合によっては別の行程が入ったりすることもあり得ますが、ほとんどの場合は上の通りだと思います。

見積もりや設置をしてくれる業者に、事前にどのようなスケジュールで進むのか、詳しく聞いておいても良いかもしれませんね。また、家庭用蓄電池一体型のソーラーシステムであれば、お住まいの地域によっては追加で補助金を受け取ることができるかも知れませんので、その点も尋ねてみましょう。

ページの先頭へ