再生可能エネルギーの種類

資源エネルギー庁(経済産業省)が推進している「育エネ」が固定価格買取制度による再生可能エネルギーの普及を目的としているということは、「育エネと固定価格買取制度」のページで解説させて頂いた通りですが、それでは具体的にはどんなエネルギーが再生可能なのか、その種類を簡単にまとめてみました。

風力発電

白くて大きな風車がくるくると回っている景色を見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。実際に見たことはなくても、テレビや映画などで見かけたことがあるというケースも少なくないと思います。その風車は電力を生み出す風力発電の設備です。「風」という自然の力を利用しています。
詳しくはこちら:風力発電

太陽光発電

私たち一般消費者にとって、最も身近に感じられるのは太陽光発電でしょう。国や地方自治体の補助金制度などもあり、まだまだ件数こそ少ないものの、街中でソーラーパネルを屋根に設置している家を見かけるようになってきました。こちらは太陽の光が持っている力を利用して、電気を生み出しています。
詳しくはこちら:太陽光発電

地熱発電

大規模な設備が必要となり、事前調査から発電所の稼働まで長い時間を要するため、まだあまり一般的とは言えないのが地熱発電です。こちらは地下に存在している地熱の力を利用して電気を生み出します。ただ、日本列島には地熱が豊富に存在しているため、日本は地熱発電に適している国とも言えます。
詳しくはこちら:地熱発電

水力発電

水が流れる力を利用して発電するという方法です。昔から大きなダムを使った発電所が稼働していて、かつては水力発電が最も大きな電力を生み出していたという時期もあります。最近では、河川や水路の流れを利用した中小規模水力発電と呼ばれるタイプに注目が集まっています。
詳しくはこちら:水力発電

バイオマス発電

バイオマスとは、動植物から生まれた生物資源(生物体)のことです。生物資源と一言で言っても、様々な種類のものがあります。具体例を挙げると、生ゴミ・食品廃材・建築廃材・家畜糞尿・林地残材・セルロースなどが該当します。地球温暖化対策や資源の有効活用などといった大きなメリットがあります。
詳しくはこちら:バイオマス発電

その他の発電方法

ここまででご紹介した5種類が主な再生可能エネルギーとされていますが、こちらの5種類以外にも、いくつか研究開発が進められているものがあります。いずれもまだメジャーな存在ではありませんが、新しい可能性を秘めています。

  • 太陽熱利用
  • 雪氷熱利用
  • 温度差熱利用
  • 地中熱利用

それぞれこちらのページでは解説致しませんが、資源エネルギー庁が「育エネ」と推進するために設けた特設サイトにて、「再生可能エネルギーの種類と特徴」というページがあります。こちらで各エネルギーについての解説がされていますので、当ページと併せて参考にして頂ければと思います。

まとめ

こちらのページでは、育エネと再生可能エネルギーについてのご紹介をさせて頂きました。省エネと似たような言葉で、これから認知度の高まりが期待される育エネですが、現時点ではまだあまり知られていませんので、これから地球環境やエネルギーへの関心の高まりと共に、知られていくのではないでしょうか。

当サイトでは前述の再生可能エネルギーの他にも、火力発電や原子力発電といった一般的なエネルギーについての情報も取り扱っておりますが、これからは特に「育エネ」や「再生可能エネルギー」の情報に力を入れていきたいと思います。

ページの先頭へ