ホーム > 育エネ > 施設見学レポート > アースポート

アースポート

アースポートは神奈川県横浜市にある東京ガスのビルです。東京ガス港北NTビルが正式名称ですが、アースポートと呼ばれたり表記されたりすることが多いです。アースポートの公式ホームページは用意されていませんが、東京ガスにアースポートの紹介ページがいくつかありましたので、最初にご紹介します。

概要説明

早速ですが見学の様子をレポートします。到着してまず最初に行われたのがアースポートの概要説明です。竣工からこれまでに至る経緯や、どのような設備を設置運用しているのかなどを伺いました。

省エネや自然エネルギーを利用して、ビル内の一次エネルギー(火力発電や原子力発電による電力)使用量をゼロにする「ZEB化」を目指しているため、アースポートには様々な発電設備や省エネ設備が設けられています。なお、ZEBはゼロ・エネルギー・ビルの英語表記の頭文字から由来しています。

3つのステージ

アースポートには3つのステージが設定されています。竣工時の1996年、改修工事が完了した2010年、ZEB化実現を目指す2030年です。エントランスフロアにあるショールームにて、その3つのステージの解説がされています。

一次エネルギー消費量24%、二酸化炭素排出量25%の削減に成功した1996年
1996年のアースポート

改修工事によってそれぞれ40%と47%の削減を達成した2010年
2010年のアースポート

ZEB化達成を目指す2030年
2030年のアースポート

2030年に向けて進化し続けています!
3つのステージ

スポンサードリンク

様々な工夫

最初に概要説明を受けた部屋でも、省エネに向けた様々な工夫がされていました。中でも分かりやすくて面白い工夫を3つほど写真でご紹介します。

外の光を採り入れていて、自然光だけでも部屋がある程度は明るくなります。
外からの光を採り入れる工夫

仕組みはこのような形です。反射光で明るくなっています。
外からの光を採り入れる工夫を外から見た様子

蛍光灯にも工夫があって、より明るさが広がるような仕掛けがされています。
蛍光灯をより明るく見せる工夫

ただの椅子に見えますが、実は座面前方と肘置きに送風ファンが付いています。
扇風機付きの椅子

太陽光発電

アースポートの概要を聞いた後に、一度建物の外に出て太陽光発電の解説を受けました。アースポートでは写真のように建物の上部側面にソーラーパネルが設置されています。ソーラーパネルというと屋上や屋根の上に設置することが多いですが、アースポートでは屋上にはまた別の設備が設けられているのです。

東京ガスのロゴと同じ高さにある黒い部分が全てソーラーパネルです。
建物側面に設置されたソーラーパネル

太陽熱発電

建物の中に入って、今度は屋上へと向かいます。屋上へと向かう階段が下まで透けて見える鉄の網のようになっていて、なかなかスリルがありました…。屋上には太陽熱集熱器が60枚設置されています。真空のガラス管の1本1本に水が入った集熱管が通っていて、そこで熱を集めて熱源として利用するという仕組みです。

太陽熱発電を見学できる施設は珍しいです。
太陽熱発電器

ガラス管は直接手で触れても熱くはありません。
太陽熱発電器の拡大図

その他の設備

太陽熱集熱器が設置されている下のフロアには、蓄電池や熱電併給型GHPチラーやソーラー吸収冷温水器などといった設備が設けられています。

このような形で様々な設備が集まっています。
先端設備が集まっているフロア

先ほどご紹介した太陽熱集熱器の裏側も見ることができます。
太陽熱発電器の裏面

モニター・計器類もずらりと並んでいます。
蓄電池盤など

ショールーム

ここまでで見学は終わりなのですが、途中の休憩時間を利用して、普段から一般公開されているショールームも見てきました。ショールームではこれまでご紹介した各設備や工夫などについての解説パネルが設けられています。また、ガスを利用した電機メーカー各社の商品なども展示されています。

写真が暗くて見づらいですが、ショールームの様子です。
アースポートのショールーム

上のフロアからも撮影してみました。
ショールームを2階から撮影した写真

前半でご紹介した採光の工夫についてです。
採光について

こちらは部屋内の照明の工夫についてです。
部屋の照明について

後半でご紹介した太陽光発電と太陽熱発電。
太陽光発電と太陽熱発電の仕組み

各種設備についても簡単に解説されています。
コージェネレーションやGHPチラーなどの解説

リアルタイムの発電量と集熱量も測定掲示されています。
リアルタイム発電量

省エネの最先端を行く建物の証。
環境関係の証明書

アースポートのミニチュア模型も展示されています。
アースポートのミニチュア模型

まとめ

ずいぶんと長くなってしまいましたが、以上がアースポートの見学レポートとなります。今回の見学は東京商工会議所主催のものでしたが、事前予約をすれば個人でも各設備の見学が可能とのことですので、興味がお有りの方はぜひ問い合わせてみて下さい。東京ガスの社員の方が一つ一つ解説をしてくれます。