家庭用蓄電池の種類

「電力を買って使う」「電力を作って売る」だけではなく、第三の選択肢として今注目を集めているのが「電力を蓄える(=蓄電)」です。そこで蓄電池にどのような種類があって、実際私たちの生活の中でどのような場面で使われていて、どのような役割を果たしているのかをご紹介したいと思います。

種類

自動車やバイクなどに使われているバッテリー、ノートパソコンや携帯電話・デジタルカメラなどに用いられている電池、エネループのような充電池など、そのどれもが蓄電池ですが、それぞれ種類は異なっていますので、ご紹介します。

鉛蓄電池

電極に鉛を用いた蓄電池を鉛蓄電池といいます。こう書くと何のことだか分かりませんが、実は自動車やバイクなどのバッテリーがこれです。バックアップ用の非常電源やバッテリーで動くカートなどにも用いられています。

鉛蓄電池は、放電しきってしまうと電極が劣化してしまい、十分な充放電ができなくなってしまいます。自動車のバッテリーが上がってしまった際には、新しいバッテリーと交換するように指示されるのはこのためです。

リチウムイオン二次電池

携帯電話やデジタルカメラなどの電池に用いられている蓄電池です。容量を使い切らずに継ぎ足し充電をすることが多い電子機器の電池として適しており、幅広く使用されていることから、最も身近な蓄電池と言えます。ただし、目にすることができるのは安全装置が加えられている「電池パック」です。

ニッケル・水素蓄電池

ここ数年で普及が進んでいるエネループなどがこのタイプの蓄電池です。単一形・単二形・単三形・単四形など複数の形状のものが用意されていて、いわゆる一般的な電池(マンガン・アルカリ)の代用として使うことができます。約500回ほど充電と放電を繰り返すことができ、一般家庭で用いられることも多いです。

まとめ

以上、3つの異なる種類の蓄電池について、その特徴やメリット・デメリットなどを簡単にご紹介させて頂きました。実は私たちの生活の身近なところでも使われていたりして、驚いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、今蓄電池として注目を集めているのは2番目にご紹介した「リチウムイオン」です。業務用家庭用共にリチウムイオン蓄電池が主流となっています。

かつては中小企業が独自で開発しているというケースも多かったのですが、現在ではソニーやパナソニック・東芝などといった日本を代表するグローバル企業も製品の開発・販売を行っていて、これから新製品も次々と登場するのではないかと思います。

どこで使われている?

今度は各蓄電池がどのような場面で使われているのか、という角度で見てみましょう。緊急時にも使えて役に立つとは言っても、実際どこかのお店の店頭で家庭用蓄電池を見かけるというケースはあまりありません。実物を見たことはないという方が多いのではないかと思います。

しかし、形・用途こそ違えど、私たちの生活の様々なところに蓄電池は活用されているのです。以下にちょっとした例をいくつかご紹介します。

携帯電話

いまや誰もが持っていると言っても過言ではない携帯電話。携帯電話の裏側のカバーを開けて電池パックを見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。実はその電池パックはリチウムイオンを用いた蓄電池です。

スマートフォンだと開けるのが容易ではないので、いわゆるガラケーをお持ちの方はケースを開けて電池パックを見てみて下さい。

自動車のバッテリー

自動車にはかならずバッテリーが装備されています。バッテリーがないと自動車は動きません。またバッテリー上がりを起こしてしまっても自動車は動きません。そんなバッテリーも蓄電池です。こちらは鉛を用いています。

エネループなどの充電池

昔はミニ四駆などの電池として充電池がよく使われていましたが、今では節約・節電の一環として充電池を用いているというケースも少なくないのではないかと思います。単一形・単二形・単三形・単四形・角形など、一般のアルカリ電池と同じ形をしており、同じように使うことができます。

ページの先頭へ