家庭用蓄電池を推進する背景

再生可能エネルギーの普及は、これからの日本の重要な課題の一つですが、各家庭に設置導入することができる蓄電システムも普及していくことが予想されています。業界を問わず研究が進められている蓄電システムの背景をご紹介します。

家庭用蓄電池の重要性

家庭用蓄電池はコストが高くなりやすいことから、一般にはまだ普及しにくいと言われてきましたが、2011年から電機メーカーや住宅メーカーなどが手を組んで、各社家庭用の蓄電池システムの普及を進める動きが目立っています。

環境に優しい太陽光発電の普及が広まっていますが、その太陽光発電システムでつくったエネルギーを蓄えて家庭内で使うことができる「家庭用蓄電システム」を販売するという方針をパナソニックは発表していました。

また、住商など大手住宅メーカーは、自動車メーカーと手を組んで電気自動車(EV)が使い終えたリチウムイオン電池を再利用することで、パナソニックと同様の太陽光発電システムを用いた家庭用蓄電システムを開発しています。

どちらも東日本大震災が起こる前に発表されている記事で、2011年は家庭用蓄電システムの研究開発がどんどん進むだろうと言われていました。

2011年3月に東日本をおそった東日本大震災の影響で、被災地域の電源が喪失したり、電力会社による計画停電が行われていますが、家庭に蓄電システムが備わっていればそのような事態にも各家庭が対処することができます。

日本で生活を送る以上、どこに住んでいても地震の可能性は否定できませんので、各家庭が大規模災害や大規模停電などの緊急時に対応できるようにしておくことは、非常に大事なことではないでしょうか。

みんなの意見(5件)

●●自治体の太陽光発電に関する説明を聞きに行ってきたのですが、ひっかかったのは「投資を回収するまでに10年かかる」というお話でした。そこまで自宅に住み続けていけるのかどうかを含め、個人にはそれだけ長期間の投資や高い初期費用は大きな関門です。

蓄電池であれば、初期投資の負担はそこまで大きくないので、個人でもより利用しやすいですし、新しい電気を生み出すことよりも「夜間の電気を無駄にしない・電気利用の時間によるバラツキを平準化する」という観点から、住宅用の蓄電池の導入を検討しています。

●●蓄電池に限った話というわけではないのですが、実はエネルギーを入れ物に100入れたとしても、取り出せるエネルギー量は100ではありません。充電する際の充電機構自体のロス分があるため、いくらかは熱になって消えていくエネルギーがあるためです。

蓄電池の性能ばかりが取り沙汰される事が多いのですが、充電する機械の性能や蓄電池の劣化具合のチェック機械を売りに出しているメーカーはまだ少なく、今はまだ未発達なジャンルだとみています。これから新しい商品や技術が開発されて、多くの家庭に普及することを願っています。

●●最近よく家庭で使うようになった蓄電池といえば、充電式のエネループなどの蓄電池ではないでしょうか。乾電池しかなかった頃はこの充電式の蓄電池が早く登場しないかと思っていました。

ウォークマンなどポータブルカセットプレーヤーやCDで、四角いタイプのリチウム電池などが先に登場して、その後にようやく円柱型のものがでました。乾電池と同じタイプのものは色々なところに使えるので一気に普及したと思います。この充電式の蓄電池のおかげで乾電池を買う頻度がかなり減りました。

●●昨今の自然災害で話題になってきている住宅用の蓄電池ですが、やはり家庭に一台は欲しいと思う人が多いのではないでしょうか。以前の計画停電など考えると、使いたいときに電気が使えない不便は辛いものがあります。

実際問題として住宅用蓄電池を買おうと思うと、普段馴染のないものなので価格やメンテナンスに不安があります。価格はインターネットで調べたところお手頃な物もあるみたいなのですが、安い物は性能的に大丈夫なのかという不安は残ります。自分としては今のところ、様子見といったところです。

●●電気料金値上げするとの発表後から、蓄電池が注目集めています。最近のニュースで、電気料金は昼は高くなり夜は安くなるそうです。蓄電池で夜充電して、昼活用するのは、電気料金値下げの対策としては良いことだと思います。

ただ、蓄電池にかけるコストが問題です。蓄電池は安いものから高いものまで幅広く存在し、住宅向けの小型のものでも結構な価格差があったりして、やはりかなり悩みます。私は3ヶ月ほど様子見して、購入を検討したいと思います。

まとめ

こちらのページでは、家庭用蓄電池が推進されている背景と、家庭用蓄電池に対する一般の方々からの意見をご紹介させて頂きました。なお、家庭用蓄電池に関して全く何も知らないという方は「蓄電池とは」というページもチェックしてみて下さい。

ページの先頭へ