家庭用蓄電池

震災や自然災害による停電時など、万が一の時にでも電気を使うことができるため、2011年から急激に需要が伸び始めたアイテムです。その名前の通り、電気を蓄えておくことができるため、仮に地域的な大規模な停電が発生したとしても、家庭用蓄電池に蓄えられている電気を使用することができます。

まだ注目を浴び始めたばかりとは言え、既に様々な種類の製品が開発されています。住宅に既に仕組みが組み込まれて販売されているものや、太陽光発電とセットになっているもの、家庭用のコンセントから簡単に充電できるタイプのものなど、既に複数のタイプの商品が販売されています。

参考サイト

こちらの項目では家庭用(住宅用)蓄電池に関する、様々な情報をピックアップしてみました。そもそもどのようなものなのか、まだ知られていない面も多いのですが、こちらの項目を作成する際に参考としたサイトを2つご紹介します。

1つ目はスマートハウスと家庭用蓄電池のスマクー(新ページで開きます)というサイトなのですが、こちらのサイトでは家庭用蓄電池を中心に、自然エネルギーや育エネに関しての内容も公開しております。情報量も豊富となっておりますので、併せてご覧下さいませ。

ちなみに、現在のところソニーやパナソニックなどといった大手家電メーカーや、大手量販店のヤマダ電機などが蓄電池の市販に踏み切っていますが、価格はまだかなり高めに設定されています。こちらのサイトでご紹介している商品は、比較的低価格のものが多くなっておりますので、ぜひご覧頂ければと思います。

2つ目は蓄電池.net(新ページで開きます)というサイトです。こちらも1つ目のサイトと同じように蓄電池に関する情報を扱っているほか、火力発電や水力発電などといった、日本で行われている主な発電方法の紹介をしています。

また、蓄電や発電と同じくらい重要である「節電」についてのコンテンツも豊富に揃っていて、特に電力需要が大きくなる夏と冬にできる節電方法もご覧頂けます。

ページの先頭へ