ホーム > 太陽光発電 > メリット・長所

メリット・長所

まだまだ火力や水力・原子力発電と比べるとメジャーとは言い難いですが、それでも世界的に普及がどんどん進んでいます。太陽光発電が日本のみならず世界的に普及を続けているのは、大きなメリット・長所があるからです。そこでこちらのページではメリットを項目ごとに簡単にまとめてご解説します。

環境に優しい

太陽光発電の最大のメリットはこちらです。日本で主流の火力発電のように二酸化炭素を排出することはないので、発電によって地球温暖化を促進するということはありません。二酸化炭素だけではなく大気汚染の原因となることで知られている硫黄酸化物・窒素酸化物なども排出しません。

また、再生可能エネルギーであるという点もポイントです。太陽がなくならない限り太陽光を得ることができますから、天然ガスや石油・石炭・ウランなどといった他の発電方式で必要となるような燃料の枯渇の心配もいりません。

最後に純国産エネルギーであるという点を挙げたいと思います。細かいことを言うと、太陽の光なので「純国産」と言っていいのかどうかということもありますが、日本に降り注いでいる太陽光だから「純国産」ということにしましょう!

また、水力発電風力発電地熱発電などと同様に、他国の資源や燃料を必要としないのです。そのため、他国の政情によってなにかが左右されるということもありません。このように太陽光発電は環境にとってのメリットも大きいのです。

節約になる

家庭用ソーラーパネルを自宅に設置する際にはお金がかかりますが、設置後は太陽光発電でできた電力を自宅で使うことができるので、毎月の電気代の節約になります。そして自宅で使い切れずに余った分の電力は、管轄の電力会社に売ることができます。これを売電と言います。

売る電気についても買う電気についても、そのやり取りは全て自動的に行われますので、煩わしい手続きなどは必要ありません。一般的には買った分の電気は電力会社に支払い、売った分の電気は自分の銀行口座に振り込まれるという形です。

緊急時にも役に立つ

自然災害などによって万が一地域的に停電が起きても、日中の太陽光が出ている時間帯であれば自宅で電気を使うことができます。残念ながら太陽が出ていない夜中に発生した場合は電気を使うことはできませんが、日中であれば問題ありません。

壊れにくい

どんなモノも必ずいつかは故障したり不具合を起こしたりするのですが、太陽光発電の発電部には可動部分がないため、摩耗による故障が起きないというメリットがあります。ただし、外部からの衝撃によって故障することはあり得ます。

専門的な知識が不要

自分の家で発電をするとなるとなにか特別なことをしなくてはならないのではないかと思ってしまいがちですが、実は太陽光発電に関する専門的な知識は何もなくても大丈夫です。定期的にメンテナンスが必要となりますが、メンテナンスも全て業者がやってくれますので、私たちがなにか特別にすることはありません。

肯定的な意見(8件)

●●私の住む地域は昔から天候に恵まれ塩田が産業として発達してきた地域です。そのため、晴れの日が多く太陽光発電には適していると思います。太陽光発電を、ぜひ推進していただきたいと思います。

しかしながら、太陽光発電を各家庭で用意するには負担が大きく、発電した電力を蓄える蓄電池のさらなる開発も必要であると考えます。

そのためには、国の政策としても時代のエネルギーとして発展させてほしいと思います。安全で安心な自然エネルギーで、未来の日本の将来を照らしてほしいです。私たちの暮らしを支えてくれる太陽の力を借りて、電力供給の安定を願っています。

●●太陽光発電は、晴天ならば簡単に電気エネルギー源になることで知られています。身近な携帯電話の充電器でも使用されていますし、小学校の理科実験でも、太陽電池を使ったミニカーやオルゴールの作成などで、日本国民にとっては馴染みのある認知度の高いエネルギーであると言っていいでしょう。

今や原発問題で新たな発電エネルギーを必要としているので、太陽光発電を普及しようとする国の政策・補助金も有効に働いているように思えます。

しかし一方で、諸外国では太陽電池開発時に出る廃液が有害であるとして問題視されています。時流にのっているからと単純に太陽光発電を全面的に支持するのではなく、色んな方向性から論議を重ねて慎重にエネルギー問題を解決していってほしいと思います。

●●賃貸物件にも太陽光発電を取り付け、電気の自炊が出来る様な物件が増えていけたら良いのではないでしょうか。一世帯が太陽光発電によって発電した電気を電力会社へ売る事ができれば、首都圏だけでも大きな電力不足などに悩まされる事はなくなるのではないかと思います。

太陽光発電は最も首都圏に適した発電方法だと思えるのです。例えば電車の屋根も太陽光発電パネルを取り付ける事で電車の運転に掛かる電力消費量を減らす事が出来るのです。こうした取り組みをしていけば、将来的には水力と火力と太陽光での発電が主流となるのではないでしょうか。個人的にはそうなることを期待しています。

●●広く取り組めて一般住宅でもできることがメリットなので、戸建・マンション・ビル、それぞれで新築時と改築時に取り入れやすい商品(価格と丈夫さなど)と補助金制度を整えていくことは有益だと思います。

ポータブルタイプのものは、発電量が増え、もっと多くの用途に使えるようになれば普及すると思います。日当たりが良い地域であれば、他の方法に比べ地理的な制約が少なく、狭い面積でもできるので、空き地の活用方法のひとつとして考えられるのではないかと思います。

●●次世代エネルギーとして、太陽光発電をぜひ積極的に取り入れてほしいと思います。一般家庭でソーラーパネルを設置しようとすると、電気代の元をとるまでかなりの年数を必要とするようです。もう少し設備費が安くなるといいのですが…。

まずは、電力消費が大きい企業や商業施設、学校などを国の援助などで太陽光発電を導入してはどうかと思います。良く晴れた日に空を見ながら「この日光で電気がたくさん作れるのにもったいないなぁ」と考えるようになりました。

我が家はマンションですが、日当たりが良いベランダに小さなソーラーパネルを置いて蓄電したいくらいです。さんさんと降り注ぐ太陽光を生かした発電方法は、自然を生かしたクリーンエネルギーだと思います。

●●最大のメリットは導入しやすい事だと思います。家の屋根にソーラーパネルを取り付けて蓄電池に繋げるというわかりやすさも手伝ってか、導入している家庭も増えているらしいです。屋根に取り付けるタイプ以外にもベランダにソーラーパネルを備え付けるタイプの商品もあって価格的もお手頃な感じです。

逆にデメリットは太陽の光が遮られる点、そして元を取るまでの期間が長い点です。施工、設置のコストと見返りのバランスが今後良くなればもっと広まるエネルギーだと僕は思います。

●●次世代のエネルギーの中で一番身近でわかりやすくて、とっつきやすいのが太陽光発電だと僕は思います。太陽光発電は子供用に太陽光発電キットなんかも販売されてて気軽に勉強できるし、他のエネルギーよりも仕組みがわかりやすいのが特徴です。

現状だと「屋根にソーラーパネルを貼る」というのが一般的なイメージですが、今後研究が進めばもっと効率的なパネルや、それに代わる代用品も出てくるだろうし、パネルの配置方法も最適化されていくと思います。

●●これからの電気代対策で一番手っ取り早い方法は太陽光発電を導入する事だと僕は思います。びっしりと屋根にソーラーパネルを貼るようなお金のかかるタイプの太陽光発電もありますが、それ以外の選択肢も結構あるのご存知でしょうか。

ベランダにソーラーパネルを干すみたいな庶民的なタイプなんかは値段的にも結構手頃だったりします。国産のソーラーパネルを使わなければコストはかなり抑えられるので自作してみるのも面白いかもしれません。今はまだ太陽光発電は導入にコストがかかりますが、時間が経てばもっと身近になる自然エネルギーになると思います。