NAS電池・EV・PHV

2012年8月11日に「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」を見学してきましたので、そちらのレポートとなります。こちらのページでは、NAS電池とEV/PHV用充電器の紹介をしています。

見学開始

バイオマス発電とスターリングエンジンについての解説をして頂き、次に向かったのが隣にある「NAS電池」です。そしてNAS電池の解説を受けた後にはEV(電気自動車)とPHV(プラグインハイブリッドカー)用の充電器の紹介をして頂きました。

NAS電池

NAS電池とは大規模な電力を貯蔵しておくことができる電池のことです。蓄電池の一種で、リチウムイオン電池や鉛電池と比べるとまだシェアは少ないのですが、蓄電容量の割にサイズがコンパクトで、自己放電も少ないなどといった特徴があります。また、充放電の際に電気のロスが少ないという点も大きな魅力となっています。

NAS電池に関しては、電池そのものを見学することはできません。大きなロッカーのようなケースの中に設置されていて、一般人は近寄れないようになっています。

NAS電池を解説している看板

看板の左半分を拡大した写真

看板の右半分を拡大した写真

NAS電池の外観

新エネ体験館での解説

NAS電池の実証研究を行っているのは日本ガイシ社です。実は同社が「NAS電池」という商標を登録していて、NAS電池を量産している世界で唯一のメーカーとなっています。新エネ体験館の中に同社のブースが用意されていて、そちらでNAS電池についての詳しい解説がイラスト付きで行われています。

新エネ体験館内でのNAS電池の解説

EV/PHV用充電器

冒頭で既に登場してしまいましたが、EVとは「電気自動車」のことを、PHVとは「プラグインハイブリッドカー」のことを意味します。どちらも二酸化炭素排出量を削減するために期待がかかっている次世代型の自動車です。そんなEVとPHVの充電をすることができる装置を見学できます。

EVとPHV用の充電器の解説をしている看板

看板の左半分を拡大した写真

看板の右半分を拡大した写真

施設の全体写真

EV/PHVの充電器の写真

EV/PHV充電器の操作画面

新エネ体験館での解説

EV/PHV用充電器の解説は、充電器が隣接されている「新エネ体験館」の中でも行われています。シンフォニアテクノロジー社によって実証研究がされていますが、実は同社はあいち臨空新エネルギー実証研究エリア内で小型風力発電の実証研究も行っています。そのため、風力発電についての解説も一緒にされています。

新エネ体験館の中でのEV/PHVの解説

まとめ

最初にご紹介したNAS電池はカバーの内部を見たり触ったりすることはできず、外から眺めながら解説を聞くだけという形になりますが、後半でご紹介したEV/PHVの充電器については、近づいて装置に触れることもできます。

ちなみに、当サイトでも「家庭用蓄電池」という項目を設けて、家庭用蓄電池に関する様々な情報や解説を公開しております。EVやPHVについての解説は行っておりませんが、こちらも併せて参考にして頂ければと思います。