ホーム > 地熱発電 > デメリット・問題点

デメリット・問題点

短所・デメリットとして問題点となっているのは開発の難しさです。技術的な問題ではなく、地熱発電に向いている候補地は国立公園に指定されていたり、温泉街であったりするため、発電所建設に反対意見が多いのです。

候補地に挙げられている場所で生活されていたり、仕事を営んでいる方々にとって、新規の発電所建設が決まると、それは大きな影響となり得ます。

温泉に影響が出る可能性がある

地熱発電に必要な地熱が豊富にある場所の周辺には温泉があることが多いです。温泉がなぜ湧き出たときから温かい(熱い)のかというと、それは地熱で熱されているからです。

つまり、地熱発電を行うために利用する水蒸気や熱水が既に湧き出ている温泉に影響を与える可能性があると言うことができます。具体的にどのような影響を与える恐れがあるのか箇条書きにして以下に並べてみます。

  1. 湧出するお湯が減少する。もしくは枯渇する。
  2. 地下深くを掘ることによって地盤に変化が起き地震が誘発される。
  3. 同じく地盤の変化によって崖崩れが誘発される。
  4. 地熱発電に利用しない熱水を地下に還元することで地下水が汚染される。

以上が主な影響として考えられます。いずれもあくまで可能性があるというだけではありますが、その地に暮らしている方や、温泉街でビジネスを営んでる方にとって、温泉への影響が万が一でもあるとしたら、生活に大きな変化やダメージを与えてしまうことが考えられます。

また、既に国内外の一部で影響が出たという実例が発表されている点も新規の地熱発電所建設の理解を得られにくいポイントとして上げることができます。

例えば秋田県の大沼地熱発電所周辺にある温泉では湧出量が少なくなったほか、源泉の温度も低くなりました。温泉で有名な大分県の大岳地熱発電所周辺にある温泉では20ヶ所以上の源泉の湧出量が低下したほか、一部は枯渇しました。

温泉街・観光地の景観に影響を与える

地熱発電所を建設して運営するのに適している場所は温泉の近くが多いということは一つ上の項目でご紹介しました。そしてその適している場所の大半が国から国立公園に指定されています。

温泉街にしても国立公園にしても、主な産業は観光業旅行業であることに変わりはありません。普段見ることのできない美しい景観や風景を楽しみにやってくる観光旅行客も少なくないはずです。

温泉の泉質や泉温に影響がなかったとしても、大きな発電所や発電所から立ち上る煙などが景観の美しさを損ねてしまうという可能性は十分に考えられます。

ほかの発電方法と比べると建設コストが高い

火力発電原子力発電はその場所に建物を建てて、燃料を手に入れれば発電をスタートすることができるので、コストはそれほどかかりません。また、太陽光発電や風力発電・水力発電といったエコな発電にしても、建設する場所を考えて、建設するだけなので、こちらも比較的多くのコストはかかりません。

しかしながら、地熱発電は地下を掘って調査をする必要があるうえ、発電所を建設するのにも長い時間がかかります。それで確実に一定量以上の発電が見込めるのであれば問題ないのですが、想定していたよりも発電量が少なくなってしまうこともあり得ます。

ちなみに、調査から稼働まで10年はかかると言われているため、調査の段階では考えられない環境の変化(発電所建設に必要な資材の価格高騰や、エネルギー価格の低下など)によって採算割れを起こしてしまうことも考えられます。

建設中のボーリング作業によって騒音や振動が生じる

前述の通り、発電所建設だけではなく、その調査のためにも一定以上の時間を必要とします。地熱発電の調査では地下を掘る必要があるため、どうしても周辺地域に作業に伴う騒音や振動が発生してしまいます。調査期間が短ければまだ良いのですが、長引くと地元からの反発が大きくなる可能性も否めません。

否定的な意見(1件)

●●地熱発電は日本の国土に最も適している発電方法だと以前は思っておりましたが、色々と調べてみるとデメリットが非常に多く存在している事が分かりました。だから、現在はまだ国があまり地熱発電に対しては積極的ではないのかも知れません。

デメリットの中には「温泉が出なくなってしまう」とか「吹き出す蒸気の成分によりタービンの腐食や損傷が激しかったりする」そうです。

また、費用をかけて建設したとしても発電効率があまり高くないそうなのです。そうなると、開発や運用に掛けた費用は全て無駄になってしまう可能性すらあると言い換えることができます。ですので、地熱発電では費用対効果はあまり見られず、積極的に導入されないようです。